開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

DevOps開発環境を提供するクラウドサービス――NTTコムウェア

2017年7月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコムウェアは2017年7月20日、システム開発環境を提供することに特化したIaaS型クラウドサービス「SmartCloud DevaaS 2.0」(以下、DevaaS 2.0)を発表、同日販売を開始した。特徴は、ポータル画面を介して、簡単に開発支援ツールの導入/設定やテスト環境の配備ができること。SIベンダーや、システムを内製するユーザー企業に販売する。販売目標は、2020年時点で年間10億円。

図1●SmartCloud DevaaS 2.0のポータル画面図1●SmartCloud DevaaS 2.0のポータル画面
拡大画像表示

 開発環境となる仮想サーバーをセルフサービス型で調達できるIaaS型クラウドサービスである(図1)。開発環境となる各種Linux(Red Hat、CentOS、Ubuntu)や各種Windows(Windows 10、Windows Server)を仮想サーバー型で配備し、これをシンクライアント(画面情報端末)やキャラクタ端末を介してリモート操作する形になる。Web 3階層システムなどのテスト環境も簡単に構築して配備できる。

図2●DevOpsを支援する各種オープンソースを簡単に導入/設定できる図2●DevOpsを支援する各種オープンソースを簡単に導入/設定できる
拡大画像表示

 開発環境に特化した機能として、CI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリ)など、DevOpsを支援する各種オープンソース30種類を簡単に導入/設定できるようにしている(図2)。例えば、Maven(ビルド)、Jenkins(ジョブ管理)、GitLab(バージョン管理)、Ansible(構成管理/デプロイ)、Docker(コンテナ管理)、Redmine(プロジェクト管理)、Junit(コードテスト)、Selenium(画面テスト)、などを設定込みで導入できる。これらのツールのサポートも付く。

図3●DevOpsの支援を推進する組織「DevOpsサービスセンタ」を発足した図3●DevOpsの支援を推進する組織「DevOpsサービスセンタ」を発足した
拡大画像表示

 NTTコムウェアは、DevaaS 2.0の提供に先立ち、DevOpsの支援を推進する組織「DevOpsサービスセンタ」を2016年12月に発足している(図3)。現在では50名規模の組織となっている。発足からこれまで、DevOpsツールの問い合わせに対応するサポートサービスや、DevOpsの研修や導入支援を実施するサービスを提供してきた。

 「DevOpsを導入する上での課題は、DevOpsツールのスキルが不足していることと、開発やテストに使えるクラウド型の共通プラットフォームがないこと」と指摘するのは、NTTコムウェアでDevOpsサービスセンタ長を務める川口篤史氏である。これを受けて同社では、DevaaS 2.0を作ったとしている。

 ポータルを介して導入/設定できるツール30種は以下の通り。

 CI/CDサーバー環境向けは、Jenkins 2.32.1(CI/CD)、Junit(Jacoco含む)4.11(コードテスト)、Ant 1.9.4(ビルド)、Maven 3.2.5(ビルド)、Ansible 2.3(構成管理)、Git 1.8.3.1(バージョン管理)、GitLab 9.0.5(バージョン管理)、Redmine 3.3.3(プロジェクト管理)、SonarQube 6.2(品質管理)、Artifactory 4.8.0(リポジトリ管理)、MatterMost 3.4.0(Slack代替サーバー)、Elasticsearch 2.3.5(全文検索エンジン)、Logstash 2.3.4(ログ収集管理)、Kibana 4.5.4(ログデータ解析/可視化)。

 テスト環境向けは、Docker 1.12.6(コンテナ)、OpenJDK 1.8.0_102-b14(Java実行環境)、Apache 2.4.6(Webサーバー)、Tomcat 8.5.15(Javaアプリケーションサーバー)、PostgreSQL 9.5.5(データベース管理システム)。

 シンクライアントを介してリモート操作する開発環境向けは、Libre Office 5.0.6.3(オフィスソフト)、Eclipse 4.6.3(統合開発環境)、Selenium(画面テスト)、FFFTP 1.98g2(FTPクライアント)、WinSCP 5.7.5(SFTPクライアント)、Tera Term 4.95(Telnet/SSHクライアント)、CubePDF 1.0.0rc11(PDF作成)、CubePDF Page 2.0.1(PDFページ結合分割)、CubePDF Viewer 0.4.2b(PDF閲覧)、TortoiseGit 2.4.0(Gitクライアント)、Git for Windows(バージョン管理)。
 

関連記事

DevOps開発環境を提供するクラウドサービス――NTTコムウェア NTTコムウェアは2017年7月20日、システム開発環境を提供することに特化したIaaS型クラウドサービス「SmartCloud DevaaS 2.0」(以下、DevaaS 2.0)を発表、同日販売を開始した。特徴は、ポータル画面を介して、簡単に開発支援ツールの導入/設定やテスト環境の配備ができること。SIベンダーや、システムを内製するユーザー企業に販売する。販売目標は、2020年時点で年間10億円。

PAGE TOP