[事例ニュース]

セブン‐イレブンが発注端末を機能強化、カメラ画像による陳列状況の共有など

2017年7月26日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

セブン‐イレブン・ジャパンとNECは2017年7月26日、全国のセブン‐イレブン約1万9600店舗に導入済みの発注端末(GOT: グラフィック・オーダー・ターミナル)を活用した新機能を共同で開発し、2017年7月から本格導入すると発表した。店舗における発注精度向上と生産性向上を目指す。

写真1●店頭でのGOT活用イメージ(出所:NEC)写真1●店頭でのGOT活用イメージ(出所:NEC)
拡大画像表示

 GOTは、セブン‐イレブンの店舗システムを構成する要素の1つで、精度の高い効率的な発注作業を支援するタブレット型の端末である。店舗内の無線LANを介して、販売データ、商品情報、天候、イベント情報などを売場で確認できる。

 今回開発する新機能は大きく2つある。1つは、GOTの内蔵カメラを活用して、商品の陳列状況を店舗内で共有する機能である。これまでメモや口頭で共有されていた情報を、より具体的かつ正確に把握できるようになる。発注業務における商品販売数などの仮説検証の精度が向上する。

 もう1つの新機能として、店舗業務や設備のマニュアルを検索できる教育ツールを提供する。これまで紙で作成していた教育・研修コンテンツや店舗マニュアルをデジタル化し、GOT画面上で確認できるようにする。情報更新・管理が容易になるとともに、従業員が作業をしながら参照できるなど、店舗における生産性が向上する。

 今回の機能強化によって店内業務や従業員教育の効率向上を図ることにより、加盟店における“働き方改革”にもつなげる意向である。将来的にはGOTとAI/IoT技術を組み合わせることによって、店舗設備管理との連携や従業員の習熟度管理、多言語化など外国人従業員への対応も検討する。

関連記事

セブン‐イレブンが発注端末を機能強化、カメラ画像による陳列状況の共有など セブン‐イレブン・ジャパンとNECは2017年7月26日、全国のセブン‐イレブン約1万9600店舗に導入済みの発注端末(GOT: グラフィック・オーダー・ターミナル)を活用した新機能を共同で開発し、2017年7月から本格導入すると発表した。店舗における発注精度向上と生産性向上を目指す。

PAGE TOP