[新製品・サービス]

富士ゼロックス、複合機とSansanのクラウド名刺管理を連携するサービスを提供

2017年8月1日(火)IT Leaders編集部

富士ゼロックスは2017年7月31日、同社の複合機と、Sansanのクラウド名刺管理「Sansan」を連携させるサービス「Cloud Service Hub for Sansan」を発表、同日提供を開始した。Sansanとの提携に基づいて行う。

 Cloud Service Hub for Sansanは、複数の名刺を富士ゼロックスの複合機(対象複合機一覧は同社Webサイトを参照)の原稿読み取りガラスに並べ、一括してスキャンすることを可能にする。

 読み込んだ複数の名刺は、「Sansan」と連携する技術によって、個別に認識・自動分割する。これらのデータは、富士ゼロックスの複合機・プリンタと各種クラウドをつなげるサービス「Cloud Service Hub」を通じて、Sansanのデータベースへ一括転送が可能だ。

 名刺のデータベース化を自動化することで作業を省力化し、名刺データベースの共有・活用を推進できる。

 Cloud Service Hub for Sansanの価格(税別)は、ライセンス数によって変わるが、10~500利用者の場合で月額2000円など。

関連記事

Special

-PR-

富士ゼロックス、複合機とSansanのクラウド名刺管理を連携するサービスを提供 富士ゼロックスは2017年7月31日、同社の複合機と、Sansanのクラウド名刺管理「Sansan」を連携させるサービス「Cloud Service Hub for Sansan」を発表、同日提供を開始した。Sansanとの提携に基づいて行う。

PAGE TOP