アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

モバイルデバイスを活用した貨物ダメージ情報の管理製品を提供─日立ソリューションズ・クリエイト

2017年8月29日(火)IT Leaders編集部

日立ソリューションズ・クリエイトは2017年8月28日、「貨物ダメージ情報管理ソリューション」を発表した。10月2日から出荷する。貨物ハンドリング現場でモバイルデバイスを活用することによって、貨物のダメージ情報を管理する負荷を軽減する。さらに、貨物のダメージ状態と画像をひも付けることによって、管理の精度を高める。価格は個別見積もり。販売目標は、関連事業を含めて今後3年間で5億円。

 貨物ダメージ情報管理とは、物流における運送・保管の過程で発生する貨物のダメージ状態を管理する業務である。運送に携わる業者が物流の拠点において貨物のダメージ状態を相互確認し、いつ・どこでダメージが発生したか、またその状態・程度などの記録を残すことで、破損などのトラブルが発生した際に自社の責任の有無を証明できるようになる。

 貨物ダメージ情報管理ソリューションでは、カメラ機能付きモバイルデバイスを活用することによって、貨物のダメージ画像を撮影したり、その貨物を特定するキー情報と貨物のダメージ状態をひも付ける作業などを現場で行える。

 例えば、ダメージ画像をデジタルカメラで撮影した場合、保存した画像データに対して後付けで貨物のキー情報を付与する必要がある。同システムでは、撮影画像を保存するタイミングで、貨物のキー情報をはじめとしてダメージの程度や貨物の補足情報も一括で記録可能で、管理精度の向上を図れる。

 モバイルデバイス上で搬入者・受取者の手書きサインを行う機能や、そのサインを画像データともに管理する機能、レポート作成を支援する機能なども用意した。ダメージ状態の記録や相互確認、報告など、貨物のダメージ情報管理にともなう一連の業務負荷を軽減できる。

 オプションの貨物ダメージ分析機能を利用すれば、ダメージ特性やダメージ状況分析が可能になり、貨物ハンドリングの業務改善に活用することも可能だ。

関連記事

モバイルデバイスを活用した貨物ダメージ情報の管理製品を提供─日立ソリューションズ・クリエイト 日立ソリューションズ・クリエイトは2017年8月28日、「貨物ダメージ情報管理ソリューション」を発表した。10月2日から出荷する。貨物ハンドリング現場でモバイルデバイスを活用することによって、貨物のダメージ情報を管理する負荷を軽減する。さらに、貨物のダメージ状態と画像をひも付けることによって、管理の精度を高める。価格は個別見積もり。販売目標は、関連事業を含めて今後3年間で5億円。

PAGE TOP