[イベントレポート]

ゲルシンガーCEOだけじゃない! VMwareの“チェンジ”をセンターで支える2人のエグゼクティブ

2017年9月8日(金)五味 明子(ITジャーナリスト)

2017年8月28日~30日(米国時間)の3日間にわたり、米ラスベガスで開催されたVMwareの年次プライベートカンファレンス「VMworld 2017」は、2万3000人を超える参加者を集め、盛況のうちに幕を閉じた。本稿では、同社の2人のキーパーソンにインタビューした内容をお伝えする。

 VMworldはVMwareが主催するカンファレンスの中でも最も大きなイベントであり、同社の今後1年間の方向性を顧客やパートナーに示す重要なプレゼンテーションの場でもある。筆者にとっては今回で4度目のVMworldの取材だったが、明らかに今回は過去のそれとは異なる空気感を帯びていた。カンファレンスのホスト役をCEOのパット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏が自ら務めていたところなどにも、そうした変化の兆しは見て取れる。新たに発表された「VMware Cloud on AWS」のイニシャルアベイラビリティ(http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/1078491.html)や、vSphere上にKubernetesベースのコンテナ環境を構築する「Pivotal Container Service(PKS)」などの内容を見ても、VMwareがこれまでとは異なるアプローチに挑もうとしていることは明らかだ。

VMworld 2017のキーノートを自らホストしたパット・ゲルシンガーCEO。従業員だけでなく、顧客やパートナーからの信頼も厚い

 こうしたVMworldの変化、そしてVMware自身の変化をプロモートする立場にあるのが同社のエグゼクティブたちだ。ゲルシンガーCEOを筆頭に、VMwareには多くの魅力的なキーパーソンが在籍しており、それぞれの責任分野において同社のビジネスをドライブする。今回、VMworld 2017の取材において、数名のエグゼクティブにインタビューする機会を得たが、本稿ではそのうちの二人 - ストレージ&アベイラビリティ部門 シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャ ヤンビン・リー(Yanbing Li)氏と、パット・ゲルシンガーCEOと並ぶVMwareの“トップ2”であるラグー・ラグラム(Raghu Raghuram)氏を紹介する。両名とも日本市場をよく理解しており、国内のVMwareユーザーにとってもおなじみの人物だ。彼らの目には変わりゆくVMwareの姿がどのように見えているのだろうか。

vSANのアップデートは“カスタマーのハッピー”を実現するため - ヤンビン・リー氏

 数あるVMwareのビジネスの中で、最も成長スピードの速いvSAN(Virtual SAN: 仮想ストレージ)事業を統括するヤンビン・リー氏。昨年のVMworld 2016でリー氏にインタビュー(http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/1020292.html)した時点のvSANユーザー数は5000社だったが、約1年後の現在、その数は1万社に達しようとしている。実に年率150%の成長を遂げているというわけだ。

 vSANが好調な理由はいくつかあるが、やはり顧客のニーズを的確に捉えたアップデートをタイミングよく行っていることが最大の要因だろう。たとえば2016年11月に発表したiSCSIインタフェースのサポート、そして今年4月にリリースされたvSAN 6.6における業界初のHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)のネイティブサポートなどはその最たるものだ。

 特にHCI対応はvSANにおいて最も注目されているトピックであり、リー氏もVMware 2017のインタビューで「HCIは我々にとって最優先事項」と強調する。「仮想化が世間から注目されはじめたときと同じ熱量をHCIに感じる。また、多くの顧客がTCO削減においてもHCIが効果的であることを理解しており、データセンターのモダナゼーションを図るためには欠かせない機能だという認識で一致している。我々としてもHCIをトッププライオリティとして位置づけていく」(リー氏)。

鮮やかなオレンジのワンピースにvSANタトゥーシールでインタビューに登場したヤンビン・リー氏。技術的知識が豊富さだけでなく、その人柄に惹かれるファンは多い

 加えてリー氏は、現在のvSANが向き合っている3つの導入フェーズとして「オンプレミス、クラウド、そしてコンテナ」を挙げている。特に、

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】VMware Cloud on AWSは“SaaSなVMware”ではない
  • 1
  • 2
関連記事

ゲルシンガーCEOだけじゃない! VMwareの“チェンジ”をセンターで支える2人のエグゼクティブ2017年8月28日~30日(米国時間)の3日間にわたり、米ラスベガスで開催されたVMwareの年次プライベートカンファレンス「VMworld 2017」は、2万3000人を超える参加者を集め、盛況のうちに幕を閉じた。本稿では、同社の2人のキーパーソンにインタビューした内容をお伝えする。

PAGE TOP