[新製品・サービス]

クラスメソッドが「サーバーレス開発部」を創設、AWS Lambdaのシステムを構築

2017年10月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

クラウドサービスの導入支援などを手掛けるクラスメソッドは2017年10月2日、新たな事業部門として「サーバーレス開発部」を創設したと発表した。Amazon Web Services(AWS)を活用したサーバーレスアーキテクチャの導入前コンサルティングからシステム構築・運用まで一貫して提供する。

 新部門のサーバーレス開発部では、サーバーレスアーキテクチャ、つまりFaaS(ファンクションアズアサービス)型のシステム構築サービスを提供する。導入コンサルティング、設計開発、保守運用などを一貫して提供する。

 FaaSの要素技術として、事前にサーバーを用意しておくことなくトリガー駆動で動的にコードを実行する仕組みであるAWS Lambdaを活用する。さらに、機能をWeb API化できるサービスとしてAmazon API Gatewayを活用する。AWS LambdaとAmazon API Gatewayを連携させて利用する。

 AWS Lambdaを中心とするサーバーレスアーキテクチャには、機能を利用するためにサーバーを管理する必要がないことや、拡張性が高いこと、可用性が高いこと、機能を利用した分だけ課金されること、などのメリットがある。

 クラスメソッドは、AWS分野では国内で7社だけの「APNプレミアコンサルティングパートナー」に認定されている。

関連キーワード

サーバーレス

関連記事

Special

-PR-

クラスメソッドが「サーバーレス開発部」を創設、AWS Lambdaのシステムを構築 クラウドサービスの導入支援などを手掛けるクラスメソッドは2017年10月2日、新たな事業部門として「サーバーレス開発部」を創設したと発表した。Amazon Web Services(AWS)を活用したサーバーレスアーキテクチャの導入前コンサルティングからシステム構築・運用まで一貫して提供する。

PAGE TOP