[イベントレポート]

「自律・自動化がサイバーセキュリティ脅威への本質的解決策」―エリソン会長、“自律データベース”Oracle DB 18cを披露

Oracle OpenWorld 2017

2017年10月4日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/クラウド&データセンター完全ガイド編集長)

米オラクル(Oracle)は2017年10月1日(米国現地時間)、RDBMS「Oracle Database」の次期バージョン「Oracle Database 18c」と、新開発のデータベース運用管理自律化・自動化クラウドサービス「Oracle Autonomous Database Cloud」を発表した。最初のリリースとしてOLTPワークロード向けのエディションが2017年内、他は2018年6月以降に提供開始の予定。米サンフランシスコで開催中のOracle OpenWorld 2017の基調講演に登壇した、経営執行役会長兼CTOのラリー・エリソン氏みずからが「自律データベース」の投入背景や優位性を説いた。(IT Leaders 編集委員 河原 潤=サンフランシスコ)

自律・自動化にフォーカスした次期Oracle Database

 Oracle Databaseの現行バージョンは、2013年にリリースされたOracle Database 12cだ。次期バージョン18cの発表にあたり、オラクルは“13~17の番号飛ばし”の理由を説明していないが、全版が出荷される2018年を製品名にしたものと思われる(ちなみに小文字のアルファベットcはcloudのcで、その前はgridのgであると言われている)。

写真1:Oracle OpenWorld 2017の初日の基調講演に立った米オラクル 経営執行役会長兼CTOのラリー・エリソン氏

 Oracle Database 18cの最大の特徴は、マシンラーニング(機械学習)を採用したデータベース運用管理の自律・自動化だ。オラクルはこれを、Oracle Autonomous Database Cloudクラウドサービスに実装し、18cを「世界初の自律データベース」(エリソン氏、写真1)として提供する。

 マシンラーニングやディープラーニング(深層学習)、AI(人工知能)を駆使した製品の提供は、今日、多くのITベンダーが注力する取り組みとなっている。人間の思考や作業では不可能なこと、ないしは膨大な時間や手間を要することをテクノロジーに任せる動きは、アナリティクスをはじめ、セキュリティ、ネットワークなどの分野で特に盛んだ。

 Autonomous Database Cloudは、中核の18c RDBMSに自律・自動化機能を付加するクラウドサービスの形態で提供される。同サービスにより、これまでスキルと経験を持つDBA/DBプロフェッショナルの手に委ねられてきた、データベースのチューニング、パッチ適用、アップデート、メンテナンスといった一連の作業を自動化できるという。オラクルは以下の3つを自動化の内容として挙げている。

●自動稼働:機械学習により、アダプティブなパフォーマンスチューニングを継続して実行する。機能アップグレードとセキュリティパッチ適用が、稼働中のデータベースに対して自動実行される。
●自動スケーリング:コンピュートとストレージのスケーリング(拡張・縮小)をダウンタイムを発生させることなく実行する。これにより、両リソースの使用量が抑制され、手動管理に要する手間やコストを大幅に削減する。
●自動修復:エラーなどの自動修復を行い、ダウンタイムを最小化する。99.995%の信頼性・可用性を保証し、コストのかさむ計画停止/計画外停止の発生を年間30分未満に抑えることが可能になる。

図1:Oracle Database 18cの価格体系の一部も発表された。この表にあるのはBYOL(Bring Your Own Licensing)型で製品ライセンスをPaaSに持ってきて稼働する場合の価格(出典:米オラクル)
拡大画像表示
関連キーワード

Oracle / DWH / 自動化 / AI

関連記事

Special

-PR-

「自律・自動化がサイバーセキュリティ脅威への本質的解決策」―エリソン会長、“自律データベース”Oracle DB 18cを披露米オラクル(Oracle)は2017年10月1日(米国現地時間)、RDBMS「Oracle Database」の次期バージョン「Oracle Database 18c」と、新開発のデータベース運用管理自律化・自動化クラウドサービス「Oracle Autonomous Database Cloud」を発表した。最初のリリースとしてOLTPワークロード向けのエディションが2017年内、他は2018年6月以降に提供開始の予定。米サンフランシスコで開催中のOracle OpenWorld 2017の基調講演に登壇した、経営執行役会長兼CTOのラリー・エリソン氏みずからが「自律データベース」の投入背景や優位性を説いた。(IT Leaders 編集委員 河原 潤=サンフランシスコ)

PAGE TOP