[技術解説]

第1回:SaaS導入によって得られるメリット

2007年6月25日(月)

SaaSが注目を集めている。インフラとしての十分な整備を終えつつあるインターネット上で、従来のソフトウェアが別なものに変質しようとしている。開発、流通、利用において新しい形式を獲得したソフトウェアは、これからどのように変化し、どこへ向かおうとしているのだろうか。 第1回目となる今回は、SaaSの基本的な意味を押さえ、SaaSユーザーとなる企業にもたらすメリットを紹介する。

SaaS-ソフトウェアの「所有」から「利用」へ

SIによる独自開発やパッケージ流通が主体であったソフトウェアは、ベンダーにとっても、ユーザーにとっても「製品」だった。開発・製作のすべてをベン ダーが受け持ち、ユーザーはSIベンダーなどからソフトウェアを買い、自社のコンピュータにインストールして使用していた。ソフトウェアの使用ライセンス という意識を一般のユーザーが持つようになったのは、それほど昔の話ではない。たとえそれが使用というライセンス形態であっても、ユーザーから見たソフトウェアの「購入」→(インストール)→「所有」という意識は変わらなかった。

しかし、ソフトウェア流通にインターネットを利用するASPに注目が集まり始めたころより、ソフトウェアに対するユーザーの意識は「所有」するものから 「利用」するものに変わった。この「所有」から「利用」への移行は、ASP、SaaSに共通した、それ以前のソフトウェアとの大きな違いだ。

「所有」から「利用」へのパラダイムシフトが起こる原因としては、現在のコンピュータリソースおよびそこに抱える情報量が、すでに個人や企業の管 理・処理能力を超えたレベルに達しているためだと考えられる。多くの企業が、管理・運用コストの増大、リテラシーの問題(ハード、ソフトのバージョンアッ プ、トラブルに対応できない)、高度なセキュリティが確保できないといった課題を抱えている。これがASPやSaaSを利用することによって、

  • 導入・運用コストの低減
  • 高度なITの技術・運用知識が不要
  • セキュリティの向上

 といったことが期待されるわけだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

第1回:SaaS導入によって得られるメリットSaaSが注目を集めている。インフラとしての十分な整備を終えつつあるインターネット上で、従来のソフトウェアが別なものに変質しようとしている。開発、流通、利用において新しい形式を獲得したソフトウェアは、これからどのように変化し、どこへ向かおうとしているのだろうか。 第1回目となる今回は、SaaSの基本的な意味を押さえ、SaaSユーザーとなる企業にもたらすメリットを紹介する。

PAGE TOP