[技術解説]

第2回 エンタープライズ2.0とは何か(2)

2007年7月2日(月)

前回、ウェブ2.0の基本的な考え方をおさらいしてみた。こうしたウェブ2.0の考えは、そのままエンタープライズ、すなわち企業内情報システムにも適応できるのだろうか?

1-3 ウェブとエンタープライズの本質的な違い

ロングテールか80%マジョリティか

前回、ウェブ2.0の基本的な考え方をおさらいしてみた。こうしたウェブ2.0の考えは、そのままエンタープライズ、すなわち企業内情報システムにも適応できるのだろうか?

否である。

ウェブとエンタープライズは本質が違う。ビジネスには目標があり、企業内情報システムはそれを達成するための手段なのだ。企業から広告媒体や販売チャネルとして無料で提供され、ユーザーが自発的に利用するウェブとは違う。それではウェブとエンタープライズいったい本質的に何が違うのであろうか。大きく4つの論点がある(図1-3)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
関連記事

第2回 エンタープライズ2.0とは何か(2)前回、ウェブ2.0の基本的な考え方をおさらいしてみた。こうしたウェブ2.0の考えは、そのままエンタープライズ、すなわち企業内情報システムにも適応できるのだろうか?

PAGE TOP