[技術解説]

第3回 エンタープライズ2.0がもたらす本質的変化(1)

2007年7月12日(木)

エンタープライズ2.0が「ウェブ2.0に影響を受けて進化する次世代の企業情報システム」だとすれば、これまでの企業情報システム、すなわちエンタープライズ1.0からエンタープライズ2.0へと何が本質的に異なってくるのだろうか。企業情報システムが直面している課題を踏まえ、エンタープライズ2.0 がもたらす本質的変化についてIT、ワークスタイル、情報の3つのポイントから見てみたい(図2-1)。

 

図2-1 エンタープライズ2.0がもたらす本質的変化

2-1 「作る」から「使う」へ

ITコンシュマライゼーション

エンタープライズ2.0の最も大きな本質的変化---それは「作る」から「使う」へのシフトである。その大きな原動力が、ITコンシュマライゼーション(情報技術の消費者化)だ(図2-2)。これは調査会社のGartnerが2006年11月に発表した「What’s Next with Web 2.0 and Consumerization?」というレポートで提唱されたトレンドで、消費者向けのITが企業に取り入られるようになってきたという潮流のことを指す。例えば、アップルコンピューターの音楽プレーヤーのiPod。ティーンエージャーがロックを聞く為のツールだと思っていたらそれは大間違いだ。Wall Street Jounalによれば、既に、National Semiconductor、Capital One、Siemensといった米国の大手企業が、iPodを活用した音声配信の仕組みであるポッドキャスティングを社内教育や社内通達の手段として活用、全社員にiPodを導入している。消費者向けに開発されたITが、企業の生産性向上に役立っているのである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

第3回 エンタープライズ2.0がもたらす本質的変化(1)エンタープライズ2.0が「ウェブ2.0に影響を受けて進化する次世代の企業情報システム」だとすれば、これまでの企業情報システム、すなわちエンタープライズ1.0からエンタープライズ2.0へと何が本質的に異なってくるのだろうか。企業情報システムが直面している課題を踏まえ、エンタープライズ2.0 がもたらす本質的変化についてIT、ワークスタイル、情報の3つのポイントから見てみたい(図2-1)。

PAGE TOP