[技術解説]

第5回 エンタープライズ2.0が解決する経営課題(1)

2007年7月30日(月)

エンタープライズ2.0は企業にとって具体的にどのような価値があるのだろうか。企業が利益を生み出すためのマシーンである限り、企業経営になんらかのプラスになる価値がなければどんなに面白くても意味は無い。本章ではエンタープライズ2.0が、企業の経営課題をどのように解決するのかについて、集合知とマッシュアップという2つの切り口から見て行きたい

3-1 エンタープライズ2.0は経営課題解決の手段

エンタープライズ2.0のよくある失敗

まず、よくある失敗例を1つ紹介しておこう。

大手メーカーA社は営業部門、製品開発部門、製造部門、スタッフ部門の4つの部門からなる2,000人の会社である。会社の成長に伴い商品数は急激に拡大しているが、社員数の増加は抑えられており、現場の繁忙感は募るばかりだった。こうした中、部門間のコミュニケーションがぎくしゃくし始め、業務処理ミスや品質低下・トラブルが多発するようになり、漠然と組織の壁の高さや風通しの悪さが問題視されるようになった。

あるとき、情報システム部の若手社員が「うちの社内にもMixiみたいなのがあればもっと風通しが良くなるのにね」と言い出したらもともとMixiユーザーだった情報システム部長が「面白そうだな、是非やってみろ」と話に乗ってきた。こうして情報システム部内に、社内SNSシステムを立ち上げるプロジェクトがスタートした。都合の良いことに、ちょうど付き合いのあるITベンダーから「企業内SNSシステム」の提案があった。情報システム部は、「渡りに船」でこの話に乗り「A社社内SNSシステム」を開発し3か月にシステムをリリースした。こうして「A社内SNSシステム」は2,000人全社員に提供された。

ところがふたを開けてみると「A社内SNSシステム」の利用は芳しくなかった。最初はものめずらしさもあり、様子を見に来たり日記を投稿してみたユーザーもいた。しかし1か月か過ぎると、しだいに下火になっていった。継続的に熱心に毎日日記を書くユーザーもいたが、それはごく一部の「オタク」ユーザーに限られていた。こうした「オタク」ユーザー同士の「内輪ネタ」は、一般ユーザーが入りにくい雰囲気を作ってしまい、さらに利用は低迷した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

第5回 エンタープライズ2.0が解決する経営課題(1)エンタープライズ2.0は企業にとって具体的にどのような価値があるのだろうか。企業が利益を生み出すためのマシーンである限り、企業経営になんらかのプラスになる価値がなければどんなに面白くても意味は無い。本章ではエンタープライズ2.0が、企業の経営課題をどのように解決するのかについて、集合知とマッシュアップという2つの切り口から見て行きたい

PAGE TOP