[新製品・サービス]

SuiteTwo日本語版

2007年9月25日(火)

「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

SuiteTwoとは

「SuiteTwo」(スイートツー)は、SpikeSource社がブログやWiki、RSSの各アプリケーションをパッケージングしたコラボレーションスイート製品である。ウェブ2.0ツールとして定評のある、次のアプリケーションがパッケージングされており、日本語版が日本電気株式会社より販売されている。

  • 「Movable Type Enterprise」ブログアプリケーション(Six Apart社)
  • 「Socialtext」Wikiアプリケーション(Socialtext社)
  • 「NewsGator Enterprise Server」RSSフィードリーダー(NewsGator社)

サーバーOSは、Red Hat Enterprise Linux AS 4(RHEL4)およびMicrosoft Windows 2003 Server R2(Windows 2003 Server)の両方を使用する(Movable Type EnterpriseとSocialtextはRHEL4上で、NewsGator Enterprise ServerがWindows 2003 Server上で動作する)。

またApache、Tomcat、PostgreSQLといったオープンソースソフトウェアによる基盤スタックを組み合わせ、動作検証を行ったものを「SpikeSourceコアスタック」として提供する。さらに、OSSにおいての課題であるサポートについて、不具合修正や操作性向上のためのアップデートを動作検証した状態で提供する更新用管理ツール「SpikeNet」も提供している。

 
説明図 SuiteTwoの構成
関連記事

SuiteTwo日本語版「エンタープライズ 2.0」のベースとなっているウェブ2.0は、革新的なテクノロジーというわけではなく、情報をオープンにして共有することでコラボレーションを行うという、インターネット本来の姿を表しているに過ぎない。エンタープライズ 2.0では、こうしたインターネットが持つ本来の能力を企業でも利用し、より良いビジネススタイルを発見していくことにその本質がある。 本稿では、エンタープライズ2.0を実現するためのツールである「SuiteTwo」を紹介し、その利用方法と導入効果から、これからの企業の進むべき方向を考える。

PAGE TOP