[技術解説]

早わかり、仮想化のすべて—PART1 仮想化について聞けなかった10の質問

2008年10月17日(金)

ITの世界で毎日のようにどこかで話題に上っている仮想化技術。今では「知っていて当たり前」という空気が流れ、疑問があっても聞きにくい。 おまけに仮想化に関連して「クラウド・コンピューティング」というキーワードも飛び出した。なぜ仮想化が脚光を浴びているのか。デメリットはないのか。まだ仮想化技術は進化し続けるのか。PART1では仮想化に関して、今さら聞きにくい素朴な疑問に1つずつ回答していこう。

Q1.そもそも仮想化とは何か?

A.最近はサーバーやストレージの分野で仮想化という言葉を見聞きすることが多い。ともすれば、仮想化はサーバーやストレージに関して使われる言葉と思いがちだが、本来意味するところは、はるかに広い。

大ざっぱだが極めて簡単に仮想化という言葉を解釈すると、次のようになる。「物理的なハードウエア資源を論理的な資源として見せる手法」。ここで言う論理的な資源とは、本当は物理的な資源ではないのに、あたかも実際に存在するかのように見える資源のこと。この「あたかも」という要素こそ、情報システムにおける仮想化が指し示す本来の意味である。

論理的な資源は物理的な資源と同じ振る舞いをする。そのためプログラマーやユーザーは、実際の物理ディスクや物理メモリーの容量などを気にせず、仮想メモリーなど論理的な資源を使ってプログラミングしたりアプリケーションを利用したりできる。

振る舞いこそ変わらないが、論理的な資源は物理的な資源にはない特性を持っている。例えば「容量が1GBのメモリーを論理的に2GBにする」ように論理的な資源を物理的な資源より大きく見せることができる。「1台のサーバーを複数台に見せる」ように1つの物理的な資源を複数の論理的な資源に分割することも可能だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

早わかり、仮想化のすべて—PART1 仮想化について聞けなかった10の質問ITの世界で毎日のようにどこかで話題に上っている仮想化技術。今では「知っていて当たり前」という空気が流れ、疑問があっても聞きにくい。 おまけに仮想化に関連して「クラウド・コンピューティング」というキーワードも飛び出した。なぜ仮想化が脚光を浴びているのか。デメリットはないのか。まだ仮想化技術は進化し続けるのか。PART1では仮想化に関して、今さら聞きにくい素朴な疑問に1つずつ回答していこう。

PAGE TOP