アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

LogLogic Japan、統合ログ管理アプライアンス最新2モデルを発表、販売は兼松エレクトロニクス

2008年10月26日(日)

LogLogic Japanは10月24日、統合ログ管理アプライアンス製品シリーズに「LogLogic 4.4i MX2010日本語版」を追加し、ゲートウェイ・アプライアンス「LogLogic LG400」を同日発売すると発表した。また、両製品とも国内販売を兼松エレクトロニクスが販売を担当すると発表した。

統合ログ管理アプライアンス「MX2010」は、最新のLogLogic統合ログ管理エンジン「LogLogic 4.4i」と1年分のログを保管可能な2TBのオンボードストレージを搭載。ログ収集機能と蓄積機能を、中規模のオペレーションに最適な仕様に統合した。PCI-DSS、SOX、ITILなどのコンプライアンススィートを標準搭載し、IDやアクセス管理、変更管理、セキュリティ管理、事業継続性、ITパフォーマンス管理のすべてに対応する。

ゲートウェイ・アプライアンス「LG400」は、同社が2006年4月から支援するオープンソース・プロジェクト「Project Lasso(プロジェクト・ラッソー)」の成果である「Lasso Software」を搭載し、Windowsのイベントログをエージェントレスで収集して変換する。管理対象システムに常駐ソフトウェアをインストールしないので、導入・運用の負荷が少なく、遠隔地の数百のWindowsシステムのログを1拠点から収集・管理することが可能。既存の環境のパフォーマンスの劣化、ソフトの不整合などが発生しないという。
「LG400」をLogLogicの他の統合ログ管理アプライアンス製品と組み合わせることで、WindowsとLinux/UNIXなどが混在する環境のログ管理を一元的に行うことも可能となる。

また、SIベンダーまたはユーザーが「LG400」に搭載された「Lasso Software」を独自に機能拡張できる開発フレームワークとして「Open Lasso SDK」も提供される。これにより、サードパーティベンダーが提供する高額なプロフェッショナルサービスを利用せずに、さまざまなアプリケーションに対応するログ収集モジュールを独自に開発できる。

両製品とも兼松エレクトロニクスが販売を担当する。同社による販売価格は、「LogLogic 4.4i MX2010」が9,000,000円(税別)、「LogLogic LG400」3,600,000円(税別)。兼松エレクトロニクスは今後3年で両製品あわせて100システムの導入を予定している。

LogLogic Japan
http://www.loglogic.com/jp/

兼松エレクトロニクス
http://www.kel.co.jp/

関連記事

LogLogic Japan、統合ログ管理アプライアンス最新2モデルを発表、販売は兼松エレクトロニクスLogLogic Japanは10月24日、統合ログ管理アプライアンス製品シリーズに「LogLogic 4.4i MX2010日本語版」を追加し、ゲートウェイ・アプライアンス「LogLogic LG400」を同日発売すると発表した。また、両製品とも国内販売を兼松エレクトロニクスが販売を担当すると発表した。

PAGE TOP