[新製品・サービス]

ミラクル・リナックス、オープンソースのリカバリ管理ツールを提供開始

2008年10月31日(金)

ミラクル・リナックスは、オープンソースのリカバリ管理ツール「Mondo Rescue(モンド・レスキュー)」を10月30日より販売開始し、Linux OSも含めた総合的なコンサルティングおよびサポート・サービスをワンストップで提供することを発表した。

Mondo Rescueは、Linux上のシステムに障害が発生したときのために、システムの一部または全体をバックアップしておくためのツールで、以下のような特徴がある。

  • ファイル単位での復旧だけでなく、OSを含むシステム全体の復旧が可能。システム復旧時には、ハードディスクのパーティションの構成変更が可能なため、ハードウェアの違いを吸収し、障害時だけでなくハードウェアのリプレース時にも活用できる。
  • バックアップデータは、テープ、ハードディスク、CD-R/CD-RWなどさまざまなデバイスに保存可能。
  • システム障害時における運用再開までの時間を短縮でき、ハードウェア・リプレース時にも各種設定時間の短縮が可能となる。

同社では、Linux OS上で実際に利用されるケースが多い製品を選び出し「MIRACLE PLUS+」ソリューション群として、導入支援からサポートまで総合的に実施しているが、今回のMondo Rescueもその1つ。Mondo Rescueの公式サイトからオープンソースのソフトウェアをダウンロードし、十分にテストを行った上でLinux OSと組み合わせて販売する。それにより、稼働中のLinuxシステムのトータルなバックアップ環境を実現するとしている。

価格は、導入コンサルティング費が35万円/回(税別)、保守サポート費が10万円/年(税別、問合せ件数 期間内5件)。


ミラクル・リナックス
http://www.miraclelinux.com/

MIRACLE PLUS+「Mondo Rescue」
http://www.miraclelinux.com/products/m_plus/mondo/index.html

「Mondo Rescue」公式サイト
http://www.mondorescue.org/
 

関連記事

ミラクル・リナックス、オープンソースのリカバリ管理ツールを提供開始ミラクル・リナックスは、オープンソースのリカバリ管理ツール「Mondo Rescue(モンド・レスキュー)」を10月30日より販売開始し、Linux OSも含めた総合的なコンサルティングおよびサポート・サービスをワンストップで提供することを発表した。

PAGE TOP