データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

PART5 ERP中心から汎用指向、SOA基盤まで 主要MDM製品の特徴を見る

2008年11月27日(木)

過去1年の間に日本IBMやインフォテリアがMDM製品を発売するなど、マスターデータ統合/管理を支援する製品が急ピッチで充実しつつある。ここではERP製品との連携を想定したSAPジャパンや日本オラクルの製品も含め、MDM製品の最新動向を俯瞰する。

主要製品のポジショニング

一口にMDM製品といっても、現在のところコンセプトや用途は様々だ。

対象システムを問わない“汎用”を指向した製品が、IBMの「IBM InfoSphere Master Data Management Server(以下InfoSphere MDM Server)」と、インフォテリアの「ASTERIA MDM One(以下MDM One)である。いずれも特定のERPやCRMといったパッケージではなく、様々なシステムに存在するマスターの連携・管理用途を想定している。

SAPジャパンの「SAP NetWeaver Master Data Management(NetWeaver MDM)や日本オラクルの「Oracle MDM Data Hub(Data Hub)」は、それぞれのERPパッケージに含まれるコンポーネント同士のマスター連携からスタート。既存システムや他社のパッケージ・ソフトへと連携対象を広げている。ただしNetWeaver MDMはSOAの基盤ツール、Data Hubは顧客データと製品データにフォーカスする、といった位置づけが異なる。

これらの中間的な存在がサン・マイクロシステムズの「Sun Master Data Management Suite(Sun MDM)」だ。SOAを実装するためのソフトウェア基盤であるSun Java CAPSの一機能要素という位置づけであり、Sun MDM単独でも販売される。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

PART5 ERP中心から汎用指向、SOA基盤まで 主要MDM製品の特徴を見る過去1年の間に日本IBMやインフォテリアがMDM製品を発売するなど、マスターデータ統合/管理を支援する製品が急ピッチで充実しつつある。ここではERP製品との連携を想定したSAPジャパンや日本オラクルの製品も含め、MDM製品の最新動向を俯瞰する。

PAGE TOP