開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士通SSL、Webシステム構築基盤「intra-mart」の取り扱いを開始

2009年1月16日(金)

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは1月15日、NTTデータイントラマート(以下:イントラマート)とパートナー契約を締結し、Webシステム開発の統合型フレームワーク「intra-mart(イントラマート)」の取り扱いを同日より開始すると発表した。

「intra-mart」は、各種オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んだ、イントラマート社製のWebシステム構築基盤(統合フレームワーク)で、Webシステムの構築に必要となるアプリケーションサーバやフレームワーク、業務コンポーネント、およびアプリケーションをパッケージ化している。そのため、機能ごとの作りこみが不要となり、短期間でのシステム構築が可能となる。加えて、開発に必要なプログラム構造が統一されているため、保守性の高いシステムの構築が容易となり、ビジネスの変化にも柔軟に対応することができる。

同社は、同製品の活用によりシステムの全体最適化を実現し、保守性の高いWebシステムの構築を支援する。

また同社は、同製品の製品販売・導入・開発から保守までのトータルサポートにより、キャリア、官公庁、金融・保険証券の顧客を中心に今後2年で3億円の売上を見込んでいる。

同製品の特長配下のとおり。

  1. 高い開発生産性で自社に適したシステム構築を実現
    開発生産性の高いJ2EEフレームワークを基盤に、ポータル、帳票印刷、アクセス制限など豊富なJava業務コンポーネントがパッケージ化されているため、これらを利用することにより、短期間でWebシステムを構築することが可能。さらに、フレームワーク上で稼動する文書管理システム、販売管理システム、営業支援システムなどの各種業務アプリケーションもラインアップしており、業務コンポーネントと組み合わせ、お客様のビジネスに合わせた保守性の高いシステムの構築ができる。
  2. アプリケーションサーバを同梱
    オープンソースのWebアプリケーションサーバ(Resin/JBoss)を標準搭載しているため、別途Webアプリケーションサーバ製品を用意することなく、同製品の豊富な機能を利用してWebシステムを構築することができる。なお、標準搭載されたアプリケーションサーバ以外に、ユーザー独自の開発環境を適用することも可能。
  3. OSSの活用による柔軟なシステムを構築
    OSSの活用により、特定ベンダーに依存しない、他システムと親和性のあるシステム開発を実現。同製品はコンポーネントのソースコードを公開しているため、ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズや機能追加も容易で、ビジネスの変化に柔軟に対応するシステムの構築を実現する。

システム提供価格は個別見積りで、パッケージ標準価格1,000,000円(税別)より。

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
http://www.ssl.fujitsu.com/

NTTデータイントラマート
http://www.intra-mart.jp/index.html

intra-mart製品紹介サイト
http://www.ssl.fujitsu.com/products/sysope/intramart/

ニュースリリース
http://www.ssl.fujitsu.com/release/2009/01/15.html
 

関連記事

富士通SSL、Webシステム構築基盤「intra-mart」の取り扱いを開始富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは1月15日、NTTデータイントラマート(以下:イントラマート)とパートナー契約を締結し、Webシステム開発の統合型フレームワーク「intra-mart(イントラマート)」の取り扱いを同日より開始すると発表した。

PAGE TOP