[新製品・サービス]

BSPのジョブ管理ツール「A-AUTO」の最新バージョンが販売開始

2009年1月27日(火)

システム運用管理ソフトの開発販売を手がけるビーエスピー(BSP)は、同社の主力製品であるジョブ管理ツール「A-AUTO(エーオート)」の新バージョン Ver7.1を、2009年1月26日より販売開始すると発表した。なお価格体系が、従来のCPU課金からコア課金を基準とするものに変わり、1~4コアの基本価格が55万円からとなる。

A-AUTOは、各種プラットフォーム上で稼働するジョブ管理ツール。1977年の発売以来、30年以上にわたって使い続けられているロングセラー製品で、24時間365日止まらない安定したジョブスケジューリングを構築し、基幹業務に強いジョブ管理ツールとして、業種・業界を問わずユーザーの評価と支持を得ているという。

同社によれば、A-AUTOには以下のような特徴がある。

  • メインフレーム/UNIX/Windowsなど、混在するプラットフォームに柔軟に対応
  • スケジュール日による確実なジョブ実行制御
  • ジョブログによる、IT業務処理統制への対策効果

新しいVer7.1では、主要機能の強化とパフォーマンスの向上が図られ、オペレーション工数の大幅な低減と、運用コストの削減が可能になった。また、Web化による管理画面の統合や、画面の刷新によって使い勝手が向上し、より円滑で効率的な運用もサポートする。

同社によるA-AUTO Ver7.1の新たな機能は以下のとおり。

  • 画面の刷新など、ユーザビリティを重視したクライアント機能の改善
  • 大規模化に対応し、データ量の増大やサーバー統合へも適切に対応できるようパフォーマンスを強化
  • 開発から本番への移行の簡易化
  • 負荷分散による安定運用
  • 先行ジョブの戻り値によって後続ジョブを分岐させるなど、ジョブネットワークの柔軟な設定

今後は、企業の基幹業務システムの運用において、高い優位性を有するメインフレーム市場に加え、オープン系市場でも意欲的な営業展開を図っていきたいとしている。なお同社では、A-AUTO Ver7.1の販売開始に合わせ、『基盤から見直すシステム運用改善セミナー』を2009年2月25日(水)に都内で開催する。


『基盤から見直すシステム運用改善セミナー』
http://www.bsp.jp/seminar/2009/20090225.html

A-AUTO製品の紹介ページ
http://www.bsp.jp/products/aauto/open/index.html

ビーエスピー
http://www.bsp.jp/
 

関連記事

BSPのジョブ管理ツール「A-AUTO」の最新バージョンが販売開始システム運用管理ソフトの開発販売を手がけるビーエスピー(BSP)は、同社の主力製品であるジョブ管理ツール「A-AUTO(エーオート)」の新バージョン Ver7.1を、2009年1月26日より販売開始すると発表した。なお価格体系が、従来のCPU課金からコア課金を基準とするものに変わり、1~4コアの基本価格が55万円からとなる。

PAGE TOP