[技術解説]

Part1 BI解体新書

2009年1月29日(木)

データ統合から可視化まで一気通貫 情報資産をとことん活用する基盤に BIは既に旬を過ぎたバズワードであると評する声もあるが、その本質である「情報活用」は企業の積年の課題である。ほしいデータを即座に、かつビジュアルに手に入れるツール群が充実してきた今、そのトレンドを知ると共に、2009年に情報システム部門が何をすべきかを考える必要がある。

BIが再び重要テーマになりつつある。背景には2つの動きがある。

1つは企業側の事情による。景気後退によってIT投資も制限される中、使途により厳しい目が向けられる。このフェーズでは「既にあるもの」を有効活用しようという機運が高まる。システムの棚卸しなどに話が及んだとき、「様々なデータを蓄積しているのに十分に活かせていない」との議論が巻き起こるのが常だ。IT投資のマインドが内向きに振れる中、本当の「情報資産」としてデータを分析し、使い倒すための基盤が求められている。そうでなくても不確実で変化の速い現在においては“データに基づく経営、事業展開”は必然なのである。

2つめはITベンダー側の盛り上がりである。2007年、オラクルやSAP、IBMが立て続けに大手BIツールベンダーを買収。各社とも自社の技術や既存製品との統合を進め、ここへ来てやっとラインナップやマーケティング戦略が明確になってきた。それを受けて、顧客企業に対し、積極的に営業攻勢をかけ始めたのである。

いずれにせよ、経営の「見える化」や「意思決定のスピードアップ」は企業に共通の課題であることは事実。BIは昔からある概念だが、製品の機能は確実に強化されている。この古くて新しいBIが今、再び活況を迎えようとしている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part1 BI解体新書 データ統合から可視化まで一気通貫 情報資産をとことん活用する基盤に BIは既に旬を過ぎたバズワードであると評する声もあるが、その本質である「情報活用」は企業の積年の課題である。ほしいデータを即座に、かつビジュアルに手に入れるツール群が充実してきた今、そのトレンドを知ると共に、2009年に情報システム部門が何をすべきかを考える必要がある。

PAGE TOP