[新製品・サービス]

異種混合ストレージ環境を仮想化で一元管理

2009年1月30日(金)

ストレージ IBM System Storage SANボリューム・コントローラー エントリー・エディション/日本IBM 日本IBMは2008年11月13日、ストレージの仮想化製品「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー(SVC)エントリー・エディション」を発表した。異機種が混在するネットワーク・ストレージ環境の一元管理を可能にする。

IBM System Storage SANボリューム・コントローラー エントリー・エディション
IBM System Storage SANボリューム・コントローラー エントリー・エディション

SVCエントリー・エディションは、ストレージ仮想化の機能をエントリー・レベルのサーバー環境で実現するための中堅企業向け製品。SAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)環境に混在する多種多様なディスク装置を、あたかも1台のストレージ装置であるかのように管理する。IBM製品だけでなく、他社製品を含む30種類以上のサーバー環境、150種類以上のディスク装置を対象に仮想化できる。

使用中のディスクをそのまま仮想化環境に移行したり、サーバーやアプリケーションの動作を停止させずに、古いディスク装置から新しいディスク装置へデータを移行したりする機能を備える。複数のディスク装置にまたがって仮想ボリューム・イメージを作成して、物理的なディスク装置の容量より多くのストレージ容量を仮想的にアプリケーションに割り当てる「シンプロビジョニング機能」を搭載する。

仮想化対象とするディスク装置の最大数を60個に制限することで、ソフトウェアのライセンス体系を従来の1テラバイト(論理容量)ごとの課金から、1ディスク装置ごとに変更した。価格は最小構成で782万4075円。

関連記事

異種混合ストレージ環境を仮想化で一元管理ストレージ IBM System Storage SANボリューム・コントローラー エントリー・エディション/日本IBM 日本IBMは2008年11月13日、ストレージの仮想化製品「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー(SVC)エントリー・エディション」を発表した。異機種が混在するネットワーク・ストレージ環境の一元管理を可能にする。

PAGE TOP