[市場動向]

Part6 まずは「情報系」からクラウドシフトが加速する--メリハリあるIT投資にSaaSは不可欠

2009年3月24日(火)

座談会〜SaaS市場展望 SaaSビジネスを手がける企業は市場トレンドをどうとらえているのか。4社の代表が、ユーザーの意識の変化や SaaS普及の障害、将来展望を本音で語った。そこには、SaaSに寄せられるコストと機動性への期待と、 自前の基幹系システムとサービスを組み合わせた効率的なITの将来の姿が見えてきた。(文中敬称略) 聞き手:本誌副編集長 川上 潤司 Photo:的野 弘路

間下浩之氏 間下 浩之
富士ソフト
営業本部 副本部長
組込系システム開発や受託計算から出発した富士ソフトは、受託開発型から提案型へのビジネスモデルの転換に取り組む。昨年6月には、Google Appsの企業向けバージョン『Google Apps Premier Edition』の国内初の販売代理店に。今年4月からは、同サービスを使った社内の情報管理システムも運用する

─ SaaS導入の機運が国内でも高まっているように思うのですが、市場の変化をどう見ていますか。

間下: グーグルのメールやグループウェアを企業向けに提供する「Google Apps Premier Edition」の販売を始めて約半年ですが、現在、数百社の案件が動いています。コスト意識が高いユーザーが、真剣に検討を始めました。特に昨年11月以降は、商談件数が急激に増えていますね。

コスト面で圧倒的なメリットがあるとなれば、特に「情報系」と言われる分野ではデータがどこにあるかとか、セキュリティはどうなのかといった、世間でよく言われる不安材料を並べていつまでも先送りにすることが許されなくなってきたのが現状ではないでしょうか。Google Appsはとにかくコストを下げたいというニーズに合っていると感じています。社員数が1万人以上の大企業でも状況は同じ。業種も関係ありませんね。

宮田: セールスフォースのビジネスを約3年手掛けてきましたが、3年前と今ではユーザーは相当変わってきました。以前は、使わないことの“言い訳”を探しているユーザーが多かったのですが、今は、ユーザーの方から「この課題をクリアできないだろうか」と持ちかけられます。ユーザーが本気になってきたのが分かりますね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Part6 まずは「情報系」からクラウドシフトが加速する--メリハリあるIT投資にSaaSは不可欠座談会〜SaaS市場展望 SaaSビジネスを手がける企業は市場トレンドをどうとらえているのか。4社の代表が、ユーザーの意識の変化や SaaS普及の障害、将来展望を本音で語った。そこには、SaaSに寄せられるコストと機動性への期待と、 自前の基幹系システムとサービスを組み合わせた効率的なITの将来の姿が見えてきた。(文中敬称略) 聞き手:本誌副編集長 川上 潤司 Photo:的野 弘路

PAGE TOP