[新製品・サービス]

日本HP、仮想化機能を強化した最新版のUNIX OS「HP-UX」ほかを発表

2009年4月22日(水)

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2009年4月21日、同社のUNIX OS「HP-UX」の最新バージョン「HP-UX 11i v3 update 4」、および仮想化ソフトウェア「HP Integrity VM 4.1」、クラスタソフトウェアの最新バージョン「HP Serviceguard 11.19」の出荷を開始し、UNIXベースの仮想化ソリューションを強化すると発表した。HP Integrity VM 4.1の新機能を使用するための追加ライセンス製品「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」も発売する。

また、HP-UXの初期設定、クラスタ実装、仮想化環境設定などのスタートアップ作業をHPのエンジニアが実施する定額サービスパッケージ「HP Care Pack」の新メニューも提供開始。あわせて、顧客の最新UNIX環境の導入を支援する期間限定キャンペーンを実施する。

<HP-UX最新版の提供開始>
今回発表された各ソフトウェア製品は以下のとおり。

  • 「HP-UX 11i v3 update 4」:HP-UXの最新バージョン
  • 「HP Integrity VM 4.1」:仮想化ソフトウェアの最新バージョン
  • 「HP Serviceguard 11.19」:クラスタソフトウェアの最新バージョン
  • 「HP Integrity VM オンラインマイグレーション」:新ライセンス製品

これらの製品によって主に以下の2点の機能が拡張された。

  1. 仮想マシンのオンラインマイグレーション機能:HP-UXをハイパーバイザーとする仮想化機能「HP Integrity VM 4.1」により作成された仮想マシンを、アプリケーションを稼働させたまま、トランザクションを止めることなく他のサーバーに移動できる。この機能は、最新のHP-UX 11i v3オペレーティング環境(仮想化ソリューションを含むオペレーティング環境「VSE-OE」、もしくは「DC-OE」)に加え、今回発売のライセンス製品「HP Integrity VM オンラインマイグレーション」を購入することで使用可能となる。
  2. クラスタと仮想マシン上のアプリケーションの連携強化:従来の、クラスタによるHP Integrity VM 4.1上の仮想マシン全体の障害検知・フェイルオーバー機能に加え、仮想マシン上で稼働するアプリケーション・プロセスの障害検知に対応したことで、仮想マシン上のアプリケーションの異常を検知し、自動的に仮想マシンを止めて他のサーバー上で再起動させることが可能になる。同社によれば、HP Serviceguard 11.19ではフェイルオーバーの速度が従来の約1/8と高速になっている。

各製品の価格は下表のとおり。 

製品名 希望小売価格(税込み)
HP-UX 11i v3 Virtual Server
Operating Environment(VSE OE)
(1コアあたりのライセンス)
102万3750円
HP Serviceguard 11.19
(1コアあたりのライセンス)
40万8450円
HP Integrity Online VM Migration
(1コアあたりのライセンス) 
12万6000円

* VSE OEには、「HP-UX 11i v3 update 4」と「HP Integrity VM 4.1」、その他管理ソフトウェアなどが含まれる。
* DC OEは、VSE-OEに含まれる内容に加え、HP Serviceguardも含まれたパッケージ。

<HP Care Packの新メニュー>
HP製品向けの各種サービスをパッケージ化して提供する「HP Care Pack」に、顧客のHP-UX導入を支援する3つの新メニューが追加された。これらは、同社のエンジニアがHP-UXおよび関連ソリューションの初期セットアップを実施するもので、同社の直接販売またはパートナー経由で購入可能。なお、今回よりHP-UX向けHP Care Packの費用もリース料金に算入可能になったとのこと。新サービスの内容は下表のとおり。価格はいずれもHP Integrityサーバー1台あたりの税込み金額。 

サービス名 希望小売価格(税込み) 説明
HP-UXスタートアップサービス 42万円  OSのインストール作業、基本パラメータの設定、パッチの選定と適用、論理ボリュームとファイルシステムの作成など
HP Serviceguardインプリメンテーションサービス 105万円~ HP Serviceguardのインストール、初期設定、動作確認
HP Integrity Virtual Machineスタートアップサービス 94万5000円~ 1台のHP Integrityサーバーに対し、1つのHP Integrity VMのホスト環境の導入、1つのゲストOS(仮想マシン)の設定と動作確認

 <UNIX OSへの移行を促進するキャンペーン>
「HP-UX 11i v3 Virtual Server Operating Environment」(VSE OE)および「HP-UX 11i v3 Data Center Operating Environment」(DC OE)に対し、通常の1ライセンス分の価格で2ライセンスを提供するキャンペーンを2009年4月21日~2009年9月30日まで実施する。また、希望により、購入されたライセンスと同数の「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」を追加費用なしで提供する。


「HP-UX 11i」に関する製品情報
http://www.hp.com/jp/hpux

日本HP
http://www.hp.com/jp/
 

関連記事

日本HP、仮想化機能を強化した最新版のUNIX OS「HP-UX」ほかを発表日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2009年4月21日、同社のUNIX OS「HP-UX」の最新バージョン「HP-UX 11i v3 update 4」、および仮想化ソフトウェア「HP Integrity VM 4.1」、クラスタソフトウェアの最新バージョン「HP Serviceguard 11.19」の出荷を開始し、UNIXベースの仮想化ソリューションを強化すると発表した。HP Integrity VM 4.1の新機能を使用するための追加ライセンス製品「HP Integrity VMオンラインマイグレーション」も発売する。

PAGE TOP