[新製品・サービス]

NTTデータグループ、中堅企業向けERP推進で新会社設立

2009年6月2日(火)

中堅企業向け統合業務システム(ERP) NTTデータ・ビズインテグラル / NTTデータ、NTTデータイントラマートなど  NTTデータなど国内ベンダー6社は2009年6月1日、中堅企業向けERPパッケージを開発・販売する新会社「NTTデータ・ビズインテグラル」の設立を発表、同日より営業を開始した。代表取締役社長には、NTTデータ イントラマートの中山 義人社長が兼務で就任した。

 設立に加わったのは、NTTデータのほか、グループでソフトウェア開発基盤を開発するNTTデータ イントラマート、中堅向けERPパッケージを開発するNTTデータ システムズ、独立系ベンダーで人事・給与管理システム開発のアイテックス、帳票システム開発のウイングアーク テクノロジーズ、生産・販売管理システム開発の東洋ビジネスエンジニアリングの6社である。

 新会社が開発・提供する「Biz ∫(インテグラル)」は、NTTデータ イントラマートのWebアプリケーション基盤「intra-mart」をベースとした中堅企業向けERPパッケージ。サービス指向アーキテクチャ(SOA)を採用しており、intra-martが備えるシステム連携基盤であるエンタープライズサービスバス(ESB)を利用して、NTTデータ システムズのERP製品「Biz∫SCAW」や、新会社が定義した技術仕様に基づいて開発した各社のアプリケーションを組み合わせて利用できる。まずは販売管理とビジネスインテリジェンス(BI)機能の提供からスタートし、財務・人事・生産管理機能を2009年度後半から順次追加していく予定だ。

 業務アプリケーションを相互連携させて市場開拓しようとの動きは、NTTデータ イントラマートやウイングアーク テクノロジーズ、東洋ビジネスエンジニアリングも加盟するベンダー団体、メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア コンソーシアム(MIJS)が先行するほか、それ以前にも同様の取り組みがあった。だがユーザー向けサービスとしてアプリケーションの連携を図るには、マスターデータの統合など難しい問題があり、MIJSでも目立った成果が出せていないのが現状だ。「今回の発表に先立ち、昨年1年間にわたって共通仕様の議論を重ねてきた。各社はアプリケーションを統一基盤用に再開発するなど、本気で取り組んでいる」(中山社長)。MIJSの取り組みと競合するのでは、という見方に対して、MIJS副理事を務めるウイングアーク テクノロジーズの内野 弘幸社長は「今回の発表は、アプリケーション連携の具体策を検討してきたMIJSの活動の成果であり、今後もMIJSと連携しながら新しい成果を具現化していく」と述べ、あくまで協力関係にあることを強調した。

 NTTデータ・ビズインテグラルは、コンサルティングサービスの充実を他の中堅向けERPベンダーとの違いとして打ち出す考えだ。「出来合いのパッケージではなく、コンサルティングや、導入前後のサポートも含めたトータルソリューションとして提供していく」(中山社長)。提供形態はまだ未定ではあるものの、SaaS形式での提供も検討している。「自社でデータセンターを用意してサービスを提供することはなく、SaaSに強い他のNTTグループ企業や外部のパートナーと協業して提供することになる」(中山社長)。

 新会社の資本金は4億5000万円で、出資比率はNTTデータが74.5%、NTTデータ イントラマート、NTTデータ システムズがそれぞれ11.1%、アイテックス、ウイングアーク テクノロジーズ、東洋ビジネスエンジニアリングがそれぞれ1.1%。当初20名程度でスタートし、70名程度の規模まで拡大する予定。

 販売目標として、3年後をメドに200社への製品提供、50億円の売上げを掲げる。販売チャネルは、「中堅に強いNTTデータシステムズのチャネルてこ入れのほか、パートナーのチャネルも活用していく」(中山社長)。価格体系は、現時点では未定。

関連記事

NTTデータグループ、中堅企業向けERP推進で新会社設立中堅企業向け統合業務システム(ERP) NTTデータ・ビズインテグラル / NTTデータ、NTTデータイントラマートなど  NTTデータなど国内ベンダー6社は2009年6月1日、中堅企業向けERPパッケージを開発・販売する新会社「NTTデータ・ビズインテグラル」の設立を発表、同日より営業を開始した。代表取締役社長には、NTTデータ イントラマートの中山 義人社長が兼務で就任した。

PAGE TOP