[新製品・サービス]

シトリックス、Webアプリケーション高速化製品ラインに中小企業向け製品を追加

2009年6月9日(火)

シトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)は2009年6月8日、Webアプリケーションデリバリー(配信)を高速化する同社の「Citrix NetScaler MPX」アプライアンス製品ラインへ、新たに3製品を追加することを発表した。投入される3製品は、中規模から大企業向けに「Citrix NetScaler MPX 9500」と「Citrix NetScaler MPX 7500」、そして今回初めて中小企業向けに「Citrix NetScaler MPX 5500」が提供される。

今回の製品追加により、NetScaler MPX製品ラインが拡張され、あらゆる規模の企業を対象としたWebアプリケーション高速化の提供が可能になる。新製品は、ハイエンドのNetScaler MPXソリューションと同じ機能をサポート。また、同日に同社より発表されたNetScaler VPX仮想アプライアンスを補完することで、広範な顧客層に対して柔軟なソリューションを提供できるという。

各モデルのレイヤー7スループット性能は、MPX 5500が500Mbps、MPX 7500が1Gbps、MPX 9500が3Gbps。NetScaler MPXアプライアンスは汎用のx86ハードウェアを基盤にしているため、新しいソフトウェアのリリースと同時にその機能を手軽に追加でき、ハードウェアのリプレースを実施せずにアプリケーションの需要に応じたパフォーマンスの拡張が可能となる。

また、Citrix NetScaler MPXは、マルチコアプロセッサ対応のnCore技術を採用し、同社調査で最大7倍の性能を実現。大容量処理が可能になったことにより、IT部門は、負荷分散装置、アプリケーションファイアウォール、SSL VPNゲートウェイなどの複数のアプライアンス製品を1台のNetScaler MPXアプライアンスに統合し、インフラを簡素化することができる。

たとえば、NetScaler MPX 7500の最大負荷時の消費電力は450ワットであり、同社によればそれは、スタンドアロン型アプライアンスを組み合わせて同等の機能を提供する場合の4分の1の消費電力だという。さらに、1ユニット分のラックスペースに納まるCitrix NetScaler MPXは、データセンターにおけるトータルな占有面積の縮小や、全体的な電力と冷却要件の削減効果も期待できる。

各製品の希望小売価格(税別)は以下のとおり。

  • Citrix NetScaler MPX 5500:198万円から
  • Citrix NetScaler MPX 7500:363万円から

同社認定の販売パートナーを通じて6月8日より受注および出荷する。なお、「Citrix NetScaler MPX 9500」は2009年第3四半期に受注開始を予定している。

MPX 5500とMPX 7500は、2009年6月8日(月)~12日(金)に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2009」において、マクニカネットワークスの出展ブース「6H19」およびシトリックスのブース「5L33」で展示とデモンストレーションが行われる予定。また、Citrix NetScaler MPX 17000は、Interopの会場内でネットワーク相互接続の巨大なデモを行う「ShowNet」において、IPv6とIPv4のトランスレーションを行う。


シトリックス・システムズ・ジャパン
http://www.citrix.co.jp/

 

関連記事

シトリックス、Webアプリケーション高速化製品ラインに中小企業向け製品を追加シトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)は2009年6月8日、Webアプリケーションデリバリー(配信)を高速化する同社の「Citrix NetScaler MPX」アプライアンス製品ラインへ、新たに3製品を追加することを発表した。投入される3製品は、中規模から大企業向けに「Citrix NetScaler MPX 9500」と「Citrix NetScaler MPX 7500」、そして今回初めて中小企業向けに「Citrix NetScaler MPX 5500」が提供される。

PAGE TOP