[新製品・サービス]

日本CA、経済の停滞に伴う企業ニーズに対応する「Lean IT」を推進する製品の提供を開始

2009年7月1日(水)

日本CAは2009年6月30日、前年からの先行き不透明な経済環境において企業の存続・発展を支援する新コンセプト「Lean(リーン)IT」、およびLean ITを実現するソリューションとサービスを発表した。 同社は、ビジョンに掲げる「EITM(Enterprise IT Management)」を実現するソリューションの中から、特にこの経済環境における企業ニーズに合った関連ソリューションを積極的に提供し、また、ユーザー企業に対してはコンサルティング・サービスを無償で提供することで、企業の売上および顧客満足の維持・向上を支援する。

「Lean」は「リーン生産方式」として知られ、同社は顧客視点での価値の創造とともに、既存のプロセスや資産をスリム化してこの困難な時代を乗り切るための最適な考え方ととらえているという。同社の「Lean IT」は、単純なコスト削減にとどまらず、企業が今あるIT資源の中から埋もれている価値を見つけ出し目覚めさせることにより、強固なITマネジメントを実現するアプローチ。

同社は、Lean ITソリューションを積極的に展開することにより、メインフレームから分散システム、仮想化から物理サーバー、クラウドから自社内まで、企業のITをLeanに保ち、困難な経済状況であっても企業のビジネスの発展と顧客満足の維持・向上を支援する。

日本で提供されるLean ITを実現するソリューションの製品名と概要は以下のとおり。

▽アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント(APM):顧客体験の保証
製品名:「CA Wily Introscope」
・事業の生命線であるWEBアプリケーションの応答性能を安定化
・カスタマー・トランザクションの中まで踏み込んだ究極の視認性
・アプリケーション応答時間の監視・測定コストを削減
・アプリケーションのダウンタイムを70%まで低減
・アプリケーションの平均復旧時間を50%まで低減

▽サービス・マネジメント:ビジネスの協調を保証
製品名:「CA Service Desk Manager」
「CA CMDB」
「CA IT Client Manager」
「CA Service Catalog」
・サービスデスク、サービスカタログ、変更&構成管理、クライアント&資産管理、CMDB(構成管理データベース)
・ビジネス要求に応え、変更に対して機敏に応答
・ITサービスのコスト、消費度合、パフォーマンスを測定
・25%以上のITの生産性を向上
・インプリメンテーションの短縮と効果を早期に享受

▽プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM):評価されるパートナーとしてビジネスと連動
製品名:「CA Clarity for ITG」
・ビジネスの視点でプロジェクトを評価、優先付けし実行するためのイニシアティブ
・余剰プロジェクトを78%削減
・プロジェクトコストを37%削減
・Gartner社のMQ3およびForrester社のWave4においてリーダーとして評価
・PPM Summit(Project & Portfolio Management Summit)において10回連続「最優秀賞」を受賞

▽インフラストラクチャ・マネジメント:インフラストラクチャの最適化と自動化
製品名:「CA eHealth」
・システム、ネットワーク、データベースの管理
・自動化による機敏性の向上、サービス品質と効率の向上
・サービスデリバリのコストを30%まで削減
・平均復旧時間を50%まで削減
・ネットワーキングコストと帯域幅を50%削減

▽セキュリティ・マネジメント:セキュリティとコンプライアンスの保証
製品名:「CA Access Control」
「CA SiteMinder」
「CA Identity Manager」
・アイデンティティ(ID)とアクセスの管理
・ユーザーのアイデンティティと適切な役割によって自動的に無駄なくプロビジョニング
・自動化によるリスクの低減と効率の向上
・Identity & Access Management5分野における市場リーダー

▽メインフレーム2.0:最もリーンでグリーンなメインフレームの活用
・メインフレームの独立系ソフトウェアベンダとして世界のリーダー
・インストール、配備、構成変更、保守のプロセスを自動化
・ソフトウェア管理業務のために親しみやすいWEBベースの操作環境を提供
・製品の配布から実行までに必要な人的な介入を極度に削減

日本CA
http://www.ca.com/jp/

 

関連記事

日本CA、経済の停滞に伴う企業ニーズに対応する「Lean IT」を推進する製品の提供を開始日本CAは2009年6月30日、前年からの先行き不透明な経済環境において企業の存続・発展を支援する新コンセプト「Lean(リーン)IT」、およびLean ITを実現するソリューションとサービスを発表した。 同社は、ビジョンに掲げる「EITM(Enterprise IT Management)」を実現するソリューションの中から、特にこの経済環境における企業ニーズに合った関連ソリューションを積極的に提供し、また、ユーザー企業に対してはコンサルティング・サービスを無償で提供することで、企業の売上および顧客満足の維持・向上を支援する。

PAGE TOP