アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

アダプタの多さと低価格でETLツールを訴求

2009年8月20日(木)

業務データ統合 仏タレンド 共同創業者兼CEO バートランド・ディアード氏、バイスプレジデント ヴィンセント・ピノウ氏 オープンソース(OSS)の特徴を生かして開発スピードを速め、開発コストを下げる。一方で付加価値を付けたライセンス版を用意し、販売展開する─。そんな、“コマーシャル(商用)OSS製品”が、ETL(Extract/Transform/Load)ツールの分野で登場した。仏タレンドの「Talend Open Studio」だ。

仏タレンド  共同創業者兼CEO  バートランド・ディアード氏、バイスプレジデント  ヴィンセント・ピノウ氏 仏タレンド共同創業者兼CEOのバートランド・ディアード氏(右)と、バイスプレジデントのヴィンセント・ピノウ氏(左)

同製品はETL、データクレンジング、EAI(企業アプリケーション統合)の機能を併せ持つデータ統合ツール。欧米を中心に約600の顧客を持つ。ソニー子会社の米ソニーオンラインエンタテインメントや、ホンダの独現地法人もユーザーだという。「OSSの方は1分間に1回ダウンロードされ、ライセンス版も現在、1日に平均2社の顧客を獲得できている」(バートランド・ディアードCEO)。今秋には、日本法人を設立する計画である。

OSSの利点を生かし、ETLに必須のアダプタは、SAP ERPを含め、すでに400以上を用意した。「競合製品はせいぜい40程度。多くの場合、スクラッチ開発が必要になる」(同)。価格も抑えている。「数千万円以上が常識の商用製品に比べ、ライセンス版は1ユーザー5000ドル」(ヴィンセント・ビノウ副社長)。OSSのコミュニティによる製品開発のスピードと価格競争力を武器に、「データ統合ツールの“民主化”を推し進めたい」(同)と語る。

関連記事

アダプタの多さと低価格でETLツールを訴求業務データ統合 仏タレンド 共同創業者兼CEO バートランド・ディアード氏、バイスプレジデント ヴィンセント・ピノウ氏 オープンソース(OSS)の特徴を生かして開発スピードを速め、開発コストを下げる。一方で付加価値を付けたライセンス版を用意し、販売展開する─。そんな、“コマーシャル(商用)OSS製品”が、ETL(Extract/Transform/Load)ツールの分野で登場した。仏タレンドの「Talend Open Studio」だ。

PAGE TOP