[事例ニュース]

ニュースフラッシュ ユーザー事例編(2009年8月号)

2009年8月25日(火)

1カ月間に発表された主要なユーザー事例を紹介する、ニュースフラッシュ ユーザー事例編。製造業や金融業、その他のユーザー企業の情報システム導入・構築事例から、12個の事例を取り上げた。  

仮想化 [その他]

関西電力、帳票システム基盤を刷新

引越などに伴う新規契約の受付業務システムを刷新した。Webシステムを採用し、帳票をサーバーで一元管理する。従来のC/S型システムでは5000台ものクライアントに帳票出力の設定をする必要があるなど運用の負荷が高まっていたため、Webシステムへの移行を決断した。システムにはウイングアークテクノロジーズの帳票基盤製品「Super Visual Formade」などを採用した。 (2009/6/8

電子購買 [その他]

ジェイアール東日本スポーツ、購買プロセスを刷新

購買業務プロセスの標準化やコスト削減を目的に、間接材の電子購買システムを導入した。アスクルの間接材向け電子購買サービス「SOLOEL」を採用。SaaS形式の購買システムや購買代行サービスのほか、コンサルティングも活用し、購買プロセスを抜本から見直す。システムの導入を担当したジェイアール東日本商事は、今後他のJR東日本グループ会社にも同サービスを導入する考えだ。 (2009/6/9

センサー [その他]

キョクレイ、物流倉庫の衛生管理システム刷新

ニチレイグループで物流事業を担う同社が、食品の安全性確保の向上を目的に導入した。庫内の温度や湿度を小型の無線センサーで計測、ネットワーク経由でデータを監視。異常時にはメールでアラートを送信する機能を備えた。消費者の「食」への安全意識の高まりを受け、衛生管理体制の強化が急務だった。システムは日立製作所の無線センサー「日立 AirSense」を活用して構築した。 (2009/6/18

モバイル/レコメンデーション [その他]

千趣会、モバイル通販サイトの機能強化

同社のオンライン通販サイト「ベルメゾンネット」のモバイルサイトのシステムを強化した。サイト訪問者の閲覧履歴を基に、興味のありそうな製品を特定。その製品を紹介するFlash動画をページ内に表示することで、購入を促進する。シルバーエッグ・テクノロジーの推奨商品自動表示システム「アイジェントASPモバイル (インラインフラッシュ・バージョン)」を採用した。 (2009/6/18

モバイル/顧客関係管理(CRM)[金融業]

さわやか信用金庫、携帯で業務システム利用可能に

営業力の強化が目的。携帯電話から社内の営業支援サーバへ接続する仕組みで、顧客情報や訪問履歴を外出先から照会できるようにした。渉外担当者がオフィスに戻ってからの業務処理時間が平均30分〜1時間短縮するといった効果がすでに表れ始めたという。NECの「信用金庫向け携帯営業支援システム」を利用。同行の他に、興産信用金庫および東京信用金庫も導入を予定している。 (2009/6/23

生産管理 [製造業]

リケンテクノス、生産管理システムを刷新

紫外線カット機能などを備えた機能性フィルムの生産拠点が対象。材料や半製品の有効期限や保管場所をリアルタイムに可視化する。化学品製造業である同社では、生産品種の多様化に伴う生産工程の複雑化で、生産管理の重要性が急速に高まっていた。システム刷新により生産性の向上や原価率改善を狙う。富士通の製造業向け生産管理製品「GLOVIA smart 製造MES」を採用した。 (2009/6/23

製品ライフサイクル管理(PLM) [製造業]

クラリオンがPLMシステムを導入

同社は09年に同業のザナヴィ・インフォマティクスと合併。両社で別々に管理していた10万点に及ぶ製品・部品情報の一元管理システムを早急に構築する必要があった。システムには日本オラクルのPLMパッケージ「Agile PLM」を採用。日立製作所がAgile PLM導入で得たノウハウ集「日立PLMテンプレート」を活用し、検討開始から10カ月でシステム導入を完了した。 (2009/6/24

Webサイト検索 [製造業]

資生堂、公式サイトの検索機能を刷新

サイト訪問者の利便性向上が目的。ページの内容をサムネイルとして検索結果に表示する機能や、検索窓に文字を入力するとキーワードの候補をリスト表示する機能を備えた。新システムの導入に当たっては、運用業務の負担増を最小限に抑えるため、ASPサービスの利用を決断。マーズフラッグのASPによる検索サービス「MARS FINDER」を採用した。 (2009/6/24

顧客関係管理(CRM) [その他]

顧客サポートシステムをSaaSで構築

自動掃除機「ルンバ」(開発:米iRobot)の国内販売総代理店であるセールス・オンデマンドが、今後の事業の拡大をにらみ構築した。セールスフォース・ドットコムがSaaS形式で提供する顧客サポート支援アプリケーション「Service Cloud」を採用。顧客情報の一元管理システムなどを低コストかつ短期間で整備できたという。今後は営業活動にもSaaSを活用していく考えだ。 (2009/6/24

電子マネー [その他]

吉野家、複数の電子マネー決済可能な端末を導入へ

イオンが発行する電子マネー「WAON」による決済を目的に導入を決めた。省スペース型の端末を採用し、店舗カウンター空間への影響を最小限に抑える。端末には、最大8種類の電子マネー決済機能を備えるNECの電子マネー決済端末「MS-RW」を採用。将来的に「WAON」以外の電子マネー対応も見据える。来年度には東日本エリア700店舗への設置を予定している。 (2009/6/24

システム共同利用 [金融業]

鳥取銀行、地銀共同システム利用へ

システムの運用コスト削減と、運用業務の効率化が目的。勘定系システムを複数の地銀間で共同利用する。センターの選定に当たっては、システムの安全性確保を重視。災害対策センターなどを擁するNTTデータの「NTTデータ地銀共同センター」への参加を決めた。今後は他の地銀と協力し、インターネットバンキング機能の拡張や、営業支援システムの共同利用を視野に入れる。 (2009/7/3

アウトソーシング [金融業]

三井生命保険がアウトソーシングを継続利用

日本IBMと締結していたシステムの運用・保守契約を、2009年4月から2015年3月までの6年間延長した。新契約では、基幹システムや業務アプリケーションの設計や構築、保守のほか、障害管理やヘルプデスク機能の強化を目指す。運用・保守のアウトソーシング業務は、同社が2000年9月に日本IBMと合弁で設立したエムエルアイ・システムズが担う。 (2009/7/6

関連記事

ニュースフラッシュ ユーザー事例編(2009年8月号)1カ月間に発表された主要なユーザー事例を紹介する、ニュースフラッシュ ユーザー事例編。製造業や金融業、その他のユーザー企業の情報システム導入・構築事例から、12個の事例を取り上げた。  

PAGE TOP