[新製品・サービス]

クラウド型の「Trend Micro ウイルスバスター コーポレートエディション 10」を発表

2009年7月28日(火)

トレンドマイクロは2009年7月27日、クラウドとクライアントPC/サーバーの連携によって企業のセキュリティ管理の負荷を軽減し、最新の脅威への対応を可能とする企業向け総合エンドポイントセキュリティ対策ソフトウェアの最新版「Trend Micro ウイルスバスター コーポレートエディション 10」(ウイルスバスター Corp.10)を9月10日より受注開始すると発表した。

同社によれば、1時間におよそ1500個という速さで未知の不正プログラムが発生している(同社調べ)現在、増加し続ける不正プログラムに対応するために、社内のクライアントPC/サーバーに配信されるパターンファイルのサイズは年々肥大化し、セキュリティ環境を保つための企業の負担が増え続けていることへの対処が課題となっている。

今回のウイルスバスター Corp.10には、同社のクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」を構成するファイルレピュテーション(評価)技術を用いた、新機能の「スマートスキャン」が搭載された。同機能では、クラウドサービスとクライアントPC/サーバーが連携してファイル検索を行う。また同製品では、現在、不正プログラムの主な感染経路となっているUSBメモリなどのリムーバブルメディアを、各企業の利用ポリシーに応じて使用制御するデバイスコントロール機能が強化されている。

主な新機能の概要は以下のとおり。

・スマートスキャン
クラウドサービスとクライアントPC/サーバーが連携しファイル検索を行う機能。クラウド上の「スマートスキャンサーバー」において、大量の不正プログラムのパターンファイル「スマートスキャンパターン」をトレンドマイクロが逐次更新。顧客社内のクライアントPC/サーバーには、必要最小限のパターンファイル「スマートスキャンエージェントパターン」と、サーバー上の「スマートスキャンパターン」を参照する必要があるかどうかを判断し問い合わせを行うためのパターンファイル「スマートクエリフィルタ」が配信される。ファイル検索時には、まずクライアントPC/サーバー上に配信される「スマートスキャンエージェントパターン」を使って検索し、疑わしいと判断されたファイルを検出した場合のみ、スマートスキャンサーバー上のスマートスキャンパターンを使ってウイルス検索を行う。

「スマートスキャン」では、必要最小限のパターンファイルだけをクライアントPC/サーバーに配信し、必要に応じてクラウド上のパターンファイルを参照する。クラウド上のパターンファイルは最新の脅威に対応できるよう同社が管理を行うため、クライアントPC/サーバーのパターンファイルを頻繁に更新しなくてもセキュリティを維持できるという。スマートスキャン独自のアーキテクチャにより、従来のパターンファイルによるソリューションと比較してクライアントPC/サーバーのメモリ使用量を長期的に低く抑えることができる(同社予測)とのこと。

・デバイスコントロール
USBメモリ接続時のファイルの自動実行を抑止するほか、ユーザーごとにUSBメモリの書き込み/読み出しのそれぞれについて可否を設定するなど、利用権限の設定が可能。企業内のデバイス利用ポリシーをセキュリティソフトで一元管理することにより、USBデバイスなどのリムーバブルメディアを悪用した不正プログラムへの対策、および企業内セキュリティポリシーの運用工数の削減を可能にする。

・マルチプラットフォーム対応
2009年第4四半期(10月~12月)に、次世代OSのMicrosoft Windows7およびWindows Server 2008 R2への対応と、Mac OSへの対応を実現するプラグイン製品の提供を予定している。

なお、スマートスキャンでは、社内LAN上のクライアントPC/サーバーは企業内のプライベートクラウド「ローカルスマートスキャンサーバー」に、社外で使用しているクライアントPCは、トレンドマイクロのデータセンターにある「グローバルスキャンサーバー」に問い合わせを行うため、スマートスキャン機能を利用するには、ローカルスマートスキャンサーバー用のサーバーが必要となる。

ウイルスバスター Corp.10の製品ラインナップと、1000クライアント購入時の1クライアントあたりの参考価格(税別)は下表のとおり。
 

製品名称 製品概要 参考価格(税別)
Trend Micro Client/Server Suite Premium サーバー・クライアントPC総合セキュリティ製品 3,300円
Trend Micro Client/Server Suite サーバー・クライアントPCセキュリティ製品 2,230円
Trend Micro ウイルスバスター Corp. Client クライアントPCセキュリティ製品 1,900円
Trend Micro Server Protection for Windows サーバーセキュリティ製品 900円

(オプション)Web Security Service

Webセキュリティを付加するオプション製品 1,420円

同社では、同製品による今後一年間の販売目標を180億円としている。

製品詳細ページ
http://jp.trendmicro.com/jp/products/enterprise/corp10/index.html

トレンドマイクロ
http://jp.trendmicro.com/jp/home/index.html
 

関連記事

クラウド型の「Trend Micro ウイルスバスター コーポレートエディション 10」を発表トレンドマイクロは2009年7月27日、クラウドとクライアントPC/サーバーの連携によって企業のセキュリティ管理の負荷を軽減し、最新の脅威への対応を可能とする企業向け総合エンドポイントセキュリティ対策ソフトウェアの最新版「Trend Micro ウイルスバスター コーポレートエディション 10」(ウイルスバスター Corp.10)を9月10日より受注開始すると発表した。

PAGE TOP