[市場動向]

活況呈するPaaS市場、運用段階の柔軟性をチェック—Part5

2009年9月16日(水)

主要クラウドサービス一覧 国内市場でも選択肢が広がってきたクラウドサービス。なかでも、ユーザー企業が業務システムの基盤として導入しやすいとの観点から、OSやミドルウエアなども含めてサービスする「PaaS」への関心が高まっている。ここでは主要なPaaS環境について、その詳細を見てみよう。

現状のクラウドサービスは、次の3つに大別するのが分かりやすい。仮想マシンやネットワークなどITリソースのみを提供する「IaaS」、これにOSやミドルウエアも加えて提供する「PaaS」、さらに業務アプリケーションも含めて提供する「SaaS」である(図5)。中でも、最も動きが活発なのがPaaSだ。

図5 クラウドコンピューティングの構成要素
図5 クラウドコンピューティングの構成要素

そこで、国内で利用できる主要なPaaSの概要をまとめた(表5)。選定に際しては、

  • 仮想化技術を用いてITリソースを月額料金の単位で期間貸しする
  • OSやミドルウエアといったアプリケーションの開発・実行環境も含む
  • 要望に応じて、物理的にパーツを増設するのではなく、論理的なリソースをオンデマンドで割り当てられる

の3要件を満たすことを基準とした。

図5 クラウドコンピューティングの構成要素
表5 PaaSとしてアプリケーション開発環境を提供するクラウドサービス一覧
(画像をクリックでPDFをダウンロード出来ます)

ユーザーは何を比較すればよいのか。仮想マシンの性能や価格だけでは不十分で、利用できるOSやDBMSの種類などもチェックが必要だ。リソースを増強する際にかかる時間も見逃せない。さらに、システムの状況を監視する機能や、可用性の基準となるSLAも重視したい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

活況呈するPaaS市場、運用段階の柔軟性をチェック—Part5主要クラウドサービス一覧 国内市場でも選択肢が広がってきたクラウドサービス。なかでも、ユーザー企業が業務システムの基盤として導入しやすいとの観点から、OSやミドルウエアなども含めてサービスする「PaaS」への関心が高まっている。ここでは主要なPaaS環境について、その詳細を見てみよう。

PAGE TOP