[新製品・サービス]

マイクロソフトとNEC、Windows Server 2008 R2による仮想化環境の提供で協業

2009年9月9日(水)

マイクロソフトと日本電気(NEC)は2009年9月8日、マイクロソフトの最新サーバーOS「Microsoft Windows Server 2008 R2」をベースとした仮想化環境の提供に関する協業に合意したと発表した。

今回の合意に基づき両社は、マイクロソフトの「Windows Server 2008 R2」と、NECの国内IAサーバー「Express5800シリーズ」、統合運用管理ソフトウェア「WebSAM(ウェブサム)」、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter(バーチャルPCセンター)」を組み合わせ、クライアントからデータセンターまで、仮想化システムを幅広く構築可能なソリューションを、2009年10月より順次提供する。

また、両社は、Windows Server 2008 R2を活用した仮想化ソリューションセミナーや、認定技術者の育成施策、および販売店でのSE育成などを共同で実施していく。

協業の主な内容は以下のとおり。

1. 対応サーバー製品をいち早く市場に投入
両社の長年にわたる協力関係に基づき、「Windows Server 2008 R2」と「Express5800シリーズ」の組み合わせ検証を共同で実施するとともに、その検証結果に基づき、NECは対応するサーバー製品をいち早く市場に投入する。まず10月より、データセンターでの導入が進むラックサーバーでの対応からスタートし、順次、対応する製品ラインナップを強化/拡充していく。

2. 「Hyper-V 2.0」への対応
NECの仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」を、Windows Server 2008 R2に搭載されている仮想化テクノロジの「Hyper-V 2.0」、「Live Migration」に対応させることで、仮想PCの最適配置や障害予兆検知、自律復旧などが可能になる。Live Migrationとは、Hyper-V 2.0 の機能の1つで、仮想マシンを止めずに物理マシン間移動を可能にする機能。なお、Hyper-V2.0に対応したVirtualPCCenterは、2009年12月末の出荷が予定されている。

3. 統合運用管理ソフトウェア「WebSAM」との連携
Hyper-V 2.0とNEC製品の連携強化の一環として、NECは、Hyper-V 2.0対応の「WebSAM SigmaSystemCenter」を12月末より提供開始する予定。それにより企業ユーザーは、Hyper-V 2.0による仮想環境と、Windows Serverによる実サーバーが混在する環境について、一元的な管理および障害時の自動対応や負荷平準化等の自律運用も可能になる。また、WebSAM SigmaSystemCenterと、マイクロソフトの運用管理製品である、「System Center」との連携も強化していく。

4. 共同セミナー開催や人材育成施策の実施
Windows Server 2008 R2を活用した仮想化環境の普及に向け、両社は「Hyper-V仮想化ソリューションセミナー」を順次開催。また、NEC内でWindows Server 2008 R2に対応可能な認定技術者を育成し、最新のサーバーOSでのシステム提案の促進を図る。さらに、NEC販売代理店のSE技術者への仮想化技術の普及、促進を図るため、「Express5800 プラットフォーム仮想化技術認定制度」を9月末より開始する。

両社は今後とも密接に連携し、顧客に合った仮想化ソリューションの提供をしていく。なお、9月17日13時30分から、「Hyper-V仮想化ソリューションセミナー」をNEC本社ビル内で開催するとのこと。

「Hyper-V仮想化ソリューションセミナー」
http://www.nec.co.jp/seminar/090917hpv/

「Windows Server 2008 R2」
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/

「Express5800シリーズ」
http://www.nec.co.jp/exp/


マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

NEC
http://www.nec.co.jp/
 

関連記事

マイクロソフトとNEC、Windows Server 2008 R2による仮想化環境の提供で協業マイクロソフトと日本電気(NEC)は2009年9月8日、マイクロソフトの最新サーバーOS「Microsoft Windows Server 2008 R2」をベースとした仮想化環境の提供に関する協業に合意したと発表した。

PAGE TOP