アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

キヤノンソフトウェア、ワークフローシステム構築ソフト「Web Plant」の最新版を発売

2009年9月12日(土)

キヤノンソフトウェアは、申請・承認・回覧・受発注といった企業内で行われる決裁業務の基盤統合を支援するワークフローシステム構築ソフトの新バージョン「Web Plant(ウェブ プラント)V1.2.1」を2009年9月11日より発売開始した。

Web Plantは、キヤノンソフトのワークフローシステム技術の蓄積と、キヤノングループでの運用実績をベースに開発されたワークフローシステム構築ソフト。ITの専門知識がなくても周辺の業務システムと連携しIT統制にも対応可能なワークフローシステムを構築することができ、ビジネスプロセスを視覚的に表現できる開発環境を装備している。2007年8月の発売以来、約50社の企業に導入されたとのこと。

新バージョンの「Web Plant V1.2.1」では、ユーザビリティの向上に加え、以下のような機能が強化されている。

  • ワークフロー機能の強化、改善:処理待ち伝票を自動的に立ち上げる機能を追加し、連続承認の実行が可能になった。それにより、月次の決裁業務処理等をスムーズに実施できるようになっている。また、伝票に添付された画像ファイルを伝票上で表示することが可能になり、画像ファイルを起動せずに内容を確認できる。
  • 運用管理機能の強化、改善:決裁権限を委任する際、「申請権限」と「承認権限」を個別に設定可能。導入企業の運用ルールにきめ細かく対応することで、社内統制をより強化することが可能。
  • 開発ツールの機能拡張:あらかじめ設定した条件まで、同じ処理を何度も繰り返すようなワークフローを構築するためのループ処理機能が追加された。それにより開発効率の向上と、複雑なワークフローの早期構築が見込める。

Web Plantの標準価格は、「スタンダードエディション」(登録ユーザーが100ユーザーからの小規模ユーザー/部門利用向け)が200万円(税別)から、「エンタープライズエディション」(登録ユーザーが無制限の大規模ユーザー向け)が550万円(税別)から。

大手・中堅企業のIT部門、管理部門を中心に、2011年までに売上20億円(導入に関連するシステム開発も含む)、70社への導入を目指すとしている。


Web Plant ホームページ
http://www.canon-soft.co.jp/product/web_plant/

キヤノンソフトウェア
http://www.canon-soft.co.jp/
 

関連記事

キヤノンソフトウェア、ワークフローシステム構築ソフト「Web Plant」の最新版を発売キヤノンソフトウェアは、申請・承認・回覧・受発注といった企業内で行われる決裁業務の基盤統合を支援するワークフローシステム構築ソフトの新バージョン「Web Plant(ウェブ プラント)V1.2.1」を2009年9月11日より発売開始した。

PAGE TOP