[新製品・サービス]

NECと日本オラクル、中小規模システム向けBI/データウェアハウスで協業を強化

2009年11月7日(土)

日本電気(NEC)と日本オラクルは2009年11月6日、ビジネスインテリジェンス(BI)/データウェアハウス(DWH)領域での協業を強化し、中小規模システム向けのデータウェアハウス・ソリューションを新たに提供、共同で拡販を行っていくことを発表した。希望小売価格は、1,132万円(税別)から。同日より出荷を開始する。

提供開始するソリューションは、日本オラクルが推進する「Oracle Database on Windowsキャンペーン」の一環であり、NEC製サーバー「Express5800シリーズ」とストレージ「iStorage Dシリーズ」、およびWindows Server環境のDWHで実績を持つオラクルの「Oracle Database 11g」を組み合わせ、中小規模システム向けに構成したもの。

両社の共同による検証済みの構成を提供することで、従来と比べ短期間でのBI/DWHシステムの構築が可能になるほか、オラクルの定義するI/Oテストや障害テストをNECのハードウェア上で実行することにより、データサイズに応じた性能と可用性、拡張性が可能になるという。

また、NECは、Express5800シリーズおよびiStorage Dシリーズ環境上で実施したBIのサイジング(サイズ見積もり)検証の結果をもとに、BIサーバーのハードウェアサイジングを行う「BIサイジングサービス」を新たに提供する。約30名の専門組織を新設し、WindowsプラットフォームにおけるBI/DWHトータルサービスの強化を図ることに加え、さらに今後は、同サービスを同社の情報活用ソリューション「DecisionNavigator(ディシジョンナビゲータ)」のメニューとして提供する予定とのこと。

NECと日本オラクルの両社は、2009年4月にBI領域で協業を発表して以来、BI/DWH領域におけるサポートサービスを提供してきた。両社は今後も密接に連携し、BI/DWHソリューションの機能強化と販売/マーケティング活動の強化を図って、顧客向けに最適かつ安心できるBI/DWHシステムを提案していく。

NEC
http://www.nec.co.jp/

日本オラクル
http://www.oracle.com/lang/jp/direct/index.html
 

関連記事

NECと日本オラクル、中小規模システム向けBI/データウェアハウスで協業を強化日本電気(NEC)と日本オラクルは2009年11月6日、ビジネスインテリジェンス(BI)/データウェアハウス(DWH)領域での協業を強化し、中小規模システム向けのデータウェアハウス・ソリューションを新たに提供、共同で拡販を行っていくことを発表した。希望小売価格は、1,132万円(税別)から。同日より出荷を開始する。

PAGE TOP