データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[技術解説]

EAに役立つツール一覧―EAに挑む Part 5

2009年12月22日(火)

企業活動の構造をビジュアルに描き出す体系化と標準化を支援 EAに役立つ主要ツール ビジネスとITを構造的にとらえて全体最適を図るEA。すべてを人手に頼って取り組んでいては、継続的な活動として根付かせるのは難しい。作業に応じたツールをうまく活用することで、効率アップを図るのが得策だ。ここでは主要製品をカテゴリ別に紹介する。

EAではシステム間の関係やデータの流れ、業務プロセスと組織の関わりなどを整理して、企業活動の全体像を把握することが欠かせない。一連の作業に役立つ主要なツールを以下にまとめた。

導入の敷居が低く、手軽に使えるのが業務可視化ツールだ。現場の仕事の流れを図式化し、業務プロセスを見える化する。作業時間やコストをプロセスに紐付け、効率化効果を数値で可視化するツールもある。うまく使えばプロセスの体系化に加え、無駄なプロセスを洗い出すのに役立つ。

モデリングツールは名前の通り、業務機能やデータの体系や関係をモデル化するソフトウェアだ。作成したモデルをシステム化することが前提なので、ともすれば膨大な記述量になりがち。しかし作成するモデルの抽象度に留意すれば、そうした問題は生じない。

メタデータ管理ツールは、企業内の複雑なデータの流れを統合管理する。データ構造を可視化すると言うよりも、実運用段階におけるデータ一貫性の維持に向く。ある程度以上の複雑さを持ったシステムには必須だろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

EAに役立つツール一覧―EAに挑む Part 5企業活動の構造をビジュアルに描き出す体系化と標準化を支援 EAに役立つ主要ツール ビジネスとITを構造的にとらえて全体最適を図るEA。すべてを人手に頼って取り組んでいては、継続的な活動として根付かせるのは難しい。作業に応じたツールをうまく活用することで、効率アップを図るのが得策だ。ここでは主要製品をカテゴリ別に紹介する。

PAGE TOP