[新製品・サービス]

使った容量に応じて課金するストレージ、EMCジャパンが発表

2009年12月17日(木)

データバックアップ・システム Avamar従量課金パッケージ/EMCジャパン EMC ジャパンは2009年10月20日、バックアップアプライアンス製品「Avamar Data Store」のマルチノード版に、ユーザーが月々の使用容量に応じた料金を支払う「Avamar 従量課金パッケージ」を追加、同日から提供を開始した。

Avamar Data Storeは、バックアップ対象のデータの中から重複した部分を除外する機能を備え、バックアップ容量を最大で500分の1まで圧縮できるのが特徴。従来、シングルノード構成が600万円、マルチノード構成が2000万円からという価格体系で市場投入していた。信頼性や拡張性を担保するためマルチノードへのニーズが根強いものの、初期コストの高さから導入に二の足を踏むユーザーもあった。そこで、従量課金のパッケージも追加することにした。

同製品は5ノードで構成。CPUとスタンバイにそれぞれ1ノード、データ保存に3ノードを割り当てる。顧客が使用する際は、CPU/スタンバイ/データ保存(1ノード)の計3ノード分に対して基本使用料を、残るデータ保存用2ノードについては実際の使用量に応じた使用料を支払う。

ラインナップは2つ。「1.7TBスタート・モデル」は基本使用領域が1.7TB、従量課金領域が3.5TBの構成を採る。基本月額料金は25万円(税抜き)で、従量課金領域は1GBあたり35円(同)となる。「0.9TBスタート・モデル」は基本使用領域が0.9TB、従量課金領域が 1.7TB。基本月額料金は20万円(同)で、従量課金領域は1GBあたり45円(同)だ。契約期間はいずれも48カ月。クライアント(バックアップ対象のサーバー)に導入が必要となるエージェントソフトは無償/無制限でダウンロードできる。

関連記事

使った容量に応じて課金するストレージ、EMCジャパンが発表データバックアップ・システム Avamar従量課金パッケージ/EMCジャパン EMC ジャパンは2009年10月20日、バックアップアプライアンス製品「Avamar Data Store」のマルチノード版に、ユーザーが月々の使用容量に応じた料金を支払う「Avamar 従量課金パッケージ」を追加、同日から提供を開始した。

PAGE TOP