[新製品・サービス]

仮想化したシステムのリソース有効利用を支援するキャパシティ管理ソフト

2009年12月28日(月)

キャパシティ管理ソフト VMware vCenter CapacityIQ/ヴイエムウェア 仮想化ソフト大手のヴイエムウェアは2009年10月20日、システムリソースの有効利用を支援するキャパシティ管理ソフト「VMware vCenter CapacityIQ」の販売を始めた。仮想マシンのリソース使用状況を基に、同社製ソフトで仮想化したシステムのキャパシティプランニング(容量計画)を最適化できる。

CapacityIQはシステムのリソース使用パターンを分析し、リソースが過度に割り当てられた仮想マシンのリストを自動生成する。システム管理者は、このリストの中からアイドル状態や休止中の仮想マシンを特定。仮想マシンのサイジングを変更したり運用を終了したりして、未使用のリソースを解放・再配分できる。ただし、解放・再配分の作業を自動化する機能は備えていない。

CapacityIQは仮想化したシステムの稼働状況を動的に把握して、将来のリソース需要を予測する機能も備えている。サービスレベルを維持するのに必要なリソース容量が前もって分かるので、容量不足によるシステム性能の低下を回避しやすくなる。

What-If分析によってシステムのリスクをモデル化する機能もある。リソースの追加やアプリケーションの更新、サーバー障害の影響範囲を事前にモデル化し、業務停止などのリスク対策を立案するのに役立てられる。

市場予想価格は1プロセサ当たり12万4000円。

vCenter CapacityIQのダッシュボード画面
vCenter CapacityIQのダッシュボード画面
関連記事

仮想化したシステムのリソース有効利用を支援するキャパシティ管理ソフトキャパシティ管理ソフト VMware vCenter CapacityIQ/ヴイエムウェア 仮想化ソフト大手のヴイエムウェアは2009年10月20日、システムリソースの有効利用を支援するキャパシティ管理ソフト「VMware vCenter CapacityIQ」の販売を始めた。仮想マシンのリソース使用状況を基に、同社製ソフトで仮想化したシステムのキャパシティプランニング(容量計画)を最適化できる。

PAGE TOP