[新製品・サービス]

NTTデータ、「Googleマップ」を活用した業務用地図ソフトウエア「Geoffice」を発表

2009年12月19日(土)

NTTデータは2009年12月18日、Google Maps地図サービス(以下、Googleマップ)を活用した業務用地図ソフトウエア「Geoffice(ジオフィス)」を開発し、2010年1月より販売を開始すると発表した。「Geoffice」は、各種地理情報を管理するGIS(地理情報システム)の機能と、GoogleマップがWeb経由で提供する地図データを連携させて利用する業務用地図ソフトウエアである。

「Geoffice」は、Google Maps API Premierを利用して開発されているので、Web経由でGoogleマップを背景地図として利用することができる。これにより、単なる公開情報の登録・編集ツールとしてだけでなく、自治体や企業の内部業務利用もできるようになり、ストリートビューを利用した現地調査業務などにも利用できる。また、多くのGoogleマップ連携ソフトウエアはWebマッシュアップ方式(Web上で提供される各種サービスの組み合わせ)だが、「Geoffice」ではGoogleマップ表示以外の機能はWindowsアプリケーションパッケージで構成されている。これにより、Googleマップ機能に加えて「Geoffice」が提供する豊富な作画機能やデータ編集機能を利用した情報の登録・管理ができるほか、住所や目標物の検索などの機能が利用できる。

「Geoffice」の特徴は次のとおり。

【地図データ】

  • Googleマップの表示可能エリアは日本全国エリアで、航空写真や地形図などのコンテンツも利用できる。また、ストリートビューとの連携も可能。
  • その他の地図データとして、地図会社などが提供する各種電子地図やオンライン地図配信サービス、手持ちの図面やデータを利用できる。また地図データを組み合わせて利用することもできる。

【データ管理機能】

  • 「Geoffice」で登録した各種情報は、ユーザ側のデータベースで管理することでセキュリティを確保する。また、データ容量により適用するデータベースを選択できる(MicrosoftAccess、OracleExpress、Oracleなど)。
  • 多彩な図形種別や高度な作図バリエーションをサポートし、効果的・効率的なデータ管理が可能。
  • 「Geoffice」で登録した各種情報やGoogleマップ上の情報の検索結果をExcelと連携させて、出力帳票などをレイアウトできる。
  • 「Geoffice」で登録した各種情報をデータ出力してGoogle Earth地図サービスなどと連携できる。
  • Web公開用ソフトウエアを無償利用ができる。これにより情報提供・公開目的のポータルサイト構築を支援する。

「Geofficeライセンス」(1ライセンスあたり)の予定提供価格は、38万8000円(税別)。
「Googleマップ」の利用料金(1台)は、5万円/年(税別)。

導入形態は、スタンドアロン構成、クライアントサーバ構成など、利用規模に応じて選択できる。販売対象は、台帳管理や施設管理、顧客管理、防災支援、苦情処理支援など、自治体や企業における地理情報を管理・利用する業務や部門などになる。

NTTデータは、「Geoffice」の販売目標として、2012年度までに累計20億円の売上げを目指すとしている。


「Geoffice」(「GEOPLATS」サイト)
http://www.geoplats.com/app_pkg/geoffice/outline.html

「Google Maps API Premier」(ゼンリンデータコム)
http://www.zenrin-datacom.net/

NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/index.html

関連記事

NTTデータ、「Googleマップ」を活用した業務用地図ソフトウエア「Geoffice」を発表NTTデータは2009年12月18日、Google Maps地図サービス(以下、Googleマップ)を活用した業務用地図ソフトウエア「Geoffice(ジオフィス)」を開発し、2010年1月より販売を開始すると発表した。「Geoffice」は、各種地理情報を管理するGIS(地理情報システム)の機能と、GoogleマップがWeb経由で提供する地図データを連携させて利用する業務用地図ソフトウエアである。

PAGE TOP