[海外動向]

【Dreamforce 2009】企業システムとSNSを融合へ 非クラウドベンダーに強気の“口撃”も

2010年1月7日(木)

Dreamforce 2009 2009年11月17〜20日 米サンフランシスコ

2009年11月17日、快晴。米セールスフォース・ドットコムの年次イベントであるDreamforceの開催初日だ。会場となったサンフランシスコ市内のモスコーニセンターには、60カ国以上から1万9000人に上る参加者が詰めかけた。基調講演が始まる午前9時になっても、会場受付には長蛇の列。講演開始が大幅に遅れたのは、そのためだろう。

展示会場
展示会場は、まっすぐ歩けないほどの盛況ぶり。右は新機能「chatter」のコーナー

発表内容:システム更新情報を自動表示

chatterは社内コミュニケーションを劇的に進化させる 「chatterは社内コミュニケーションを劇的に進化させる」と語るユーザー

初日の最大の見せ場は、「chatter」と呼ぶ新機能の発表である。chatterとは、企業内のコラボレーションを促進するためのアプリケーションである。社員の連絡先や専門分野、職歴などを掲載する「プロファイル」をはじめ、作業の最新状況を書き込む「ステータス更新」、任意の社員のステータス更新情報を一覧できる「フィード」といった、一般的なSNSと同等の機能を備える。

フィード機能において表示されるのは、社員が書き込んだ情報だけではない。Salesforce CRMに商談完了や競合の出現といった情報が新たに入力された際、それらも自動で表示する。SAPやOracleといった他社製のアプリケーションのステータスを表示することも可能だ。このほか、共有コンテンツに変更が加えられたことも、ユーザーのフィード画面にリアルタイムで通知される。

chatterは、企業システムとSNSの統合へ向けて、セールスフォースが示す解といえるだろう。同社には、chatterによって顧客企業1社あたりのユーザー数を一気に増やせるという読みもある。「従来、当社のサービスを実際に使うユーザーは営業担当者やサポート担当者に限られていた。これに対して、企業内の全社員を対象にしたchatterは、当社に収益拡大の機会をもたらす」(ジョージ・フー代表取締役副社長)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Dreamforce 2009】企業システムとSNSを融合へ 非クラウドベンダーに強気の“口撃”もDreamforce 2009 2009年11月17〜20日 米サンフランシスコ

PAGE TOP