[新製品・サービス]

ワークスAP、BPO子会社を2010年4月にも設立 積水化学グループへのサービス提供も視野に

2010年1月7日(木)

 ワークスアプリケーションズは2010年1月7日、サービス事業子会社「ワークスサービス」を、2010年4月までに設立すると発表した。新会社は、同社の主力業務パッケージ「COMPANY」を利用したシェアードサービスを展開。これによりワークスAPはグループとしてビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)事業を強化する。

 新会社はワークスAPと、オムロンの子会社で人材派遣やアウトソーシング事業を手がけるオムロン パーソネルが共同出資して設立する。ワークスAPは、新会社における自社の議決権比率を80.6%にする構え。新会社にはオムロン パーソネルのスタッフを参画させ、これまで培ってきたシェアードサービスに関するノウハウを活用する。

 ワークスAPはBPOやユーザー向けの教育、コンサルなどを「サポート分野」と位置づける。これは同社が主力業務パッケージ「COMPANY」で用意する保守サポートサービス「ギャランティ・メンテナンス・サービス(GMS)」とは異なる。

 新会社は、設立後に積水化学工業の子会社であるセキスイビジネスアソシエイツの買収を予定。積水化学グループへのシェアードサービス提供を視野に入れる。ワークスAPは今回の子会社設立で、サポート分野をライセンス販売とGMSに並ぶ主力分野に育てたい考えだ。

関連記事

ワークスAP、BPO子会社を2010年4月にも設立 積水化学グループへのサービス提供も視野に ワークスアプリケーションズは2010年1月7日、サービス事業子会社「ワークスサービス」を、2010年4月までに設立すると発表した。新会社は、同社の主力業務パッケージ「COMPANY」を利用したシェアードサービスを展開。これによりワークスAPはグループとしてビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)事業を強化する。

PAGE TOP