[新製品・サービス]

CSK-ITマネジメント、「仮想化ホスティングサービス」を提供開始

2010年1月9日(土)

CSK-ITマネジメントは2010年1月8日、プライベートクラウド環境を整えた従量課金型アウトソーシングサービス「USiZE」に「仮想化ホスティングサービス」を新メニューとして追加し、同日より本格提供を開始すると発表した。価格は1仮想サーバーあたり月額4.5万円より。

「USiZE(ユーサイズ)」は、当社データセンターに設置したITリソース(サーバー/ストレージ、ネットワーク、運用)を、ユーザーごとの要件に基づいた最適な形で提供する、オーダーメイド型のアウトソーシングサービス。ユーザーごとにITリソースを独立させたプライベートクラウド環境を構築し、ビジネス展開に伴う「ビジネス規模の拡大・縮小」、「業務量の増減」、「サーバー/ストレージリソースの利用量」に応じて、従量料金でご利用できるサービス。

同社は、USiZEのメニューに、新たに「仮想化ホスティングサービス」を追加した。同サービスは、同社データセンターのサーバーを仮想化し、その仮想サーバーと、ストレージ、およびあらかじめ用意した標準的な運用サービス(システム監視、障害対応、バックアップ・リストアなど)をセットで提供する、レディメイド型のアウトソーシングサービス。サーバはブレード単位、ストレージはディスク構成単位で独立性を保ったプライベートクラウド環境で利用できる従量課金型。

同サービスの価格は1仮想サーバーあたり月額4万5000円より。USiZEサービス自体は個別見積もりとなる。同社は同サービスで2010年までに50億円の受注獲得を目指す。


CSK-ITマネジメント
http://www.csk.com/itm/

 

関連記事

CSK-ITマネジメント、「仮想化ホスティングサービス」を提供開始CSK-ITマネジメントは2010年1月8日、プライベートクラウド環境を整えた従量課金型アウトソーシングサービス「USiZE」に「仮想化ホスティングサービス」を新メニューとして追加し、同日より本格提供を開始すると発表した。価格は1仮想サーバーあたり月額4.5万円より。

PAGE TOP