[新製品・サービス]

マクニカネットワークス、統合レポーティングツール「LaLaViewer V3.0」を発表

2010年1月13日(水)

マクニカネットワークスは2010年1月12日、同社が国内一次販売代理店として取り扱う米ブルーコートシステムズ社の帯域制御装置PacketShaperおよびセキュアWebゲートウェイ/WAN高速化装置ProxySG向けの統合トラフィックレポーティングツールの最新バージョン「Macnica LaLaViewer V3.0(マクニカ ララビューワ)」(以下、LaLaViewer V3.0)の販売を同日より開始すると発表した。

LaLaViewerは、同社が独自に企画・開発した統合レポーティングツールである。ブルーコートシステムズ社のWANアプリケーション配信ソリューションであるPacketShaperおよびProxySGのサーバに蓄積された統計情報を自動的に収集・一元管理し、さまざまな角度からWANのトラフィック分析を行うことができる。これにより、PacketShaperおよびProxySG単体では実現できなかった1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示が可能となる。また、問題あるアプリケーションのアラート通知や定期的なPDFレポート自動作成などの機能を活用することで、IT管理者はトラブルシュートやレポート業務の工数を削減できる。

「LaLaViewer V3.0」の主な新機能は次のとおり。

  • 統計情報の取得およびコンフィグバックアップ
    従来バージョンで対応のPacketShaperに加え、新たにProxySGまでサポート。ProxySGのProxy EditionおよびMACH5 Editionともにサポートする。また、ProxySGの管理画面上でのデータ(CPU使用率、メモリ使用率、トラフィック量など)はすべて取得可能。指定した間隔でコンフィグを自動的にバックアップできる。
  • 言語選択機能
    日本語、英語から言語選択が可能。
  • グラフ表示のカスタマイズ
    グラフ表示のカスタマイズ(色分け、塗りつぶし、重ね合わせ、積み上げ)ができるので、閲覧したい期間のデータへのアクセスが簡単。
  • Cross Analyze(クロス分析)
    複数にわたる機器の統計情報を集約して1つのグラフで表示、一元的な解析が可能。

「Macnica LaLaViewer V3.0」のユーザーライセンス価格(税別)は次のとおり。

基本ライセンス(PacketShaperまたはProxySGが1台分、管理ユーザは5ユーザまで)は、20万円。
5台追加ライセンスは、50万円。
10台追加ライセンスは、90万円。
30台追加ライセンスは、200万円。
30台以上は、個別見積。
1管理ユーザ追加費用は、10万円。
保守サービス(LaLaViewer Support & Service)は、ライセンス定価合計の25%。


Macnica LaLaViewer V3.0
http://www.macnica.net/bluecoat/lalaviewer.html/

マクニカネットワークス
http://www.macnica.net/

関連記事

マクニカネットワークス、統合レポーティングツール「LaLaViewer V3.0」を発表マクニカネットワークスは2010年1月12日、同社が国内一次販売代理店として取り扱う米ブルーコートシステムズ社の帯域制御装置PacketShaperおよびセキュアWebゲートウェイ/WAN高速化装置ProxySG向けの統合トラフィックレポーティングツールの最新バージョン「Macnica LaLaViewer V3.0(マクニカ ララビューワ)」(以下、LaLaViewer V3.0)の販売を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP