[ユーザー事例]

協和発酵キリン“フルSaaS”への道 Part01

2010年3月30日(火)

人事システムを皮切りに“フルSaaS”へ 協和発酵キリンの持たざるIT戦略 「会計や販売、生産管理といった中核業務の処理にはそぐわない」「中堅・中小向けにはよいだろうが、大企業では使えない」。こうしたSaaSに関する“定説”を覆す事例が登場しようとしている。 協和発酵キリンが、社内システムの全面SaaS化を宣言したのである。

協和発酵キリンは2010年4月から、給与計算や発令、評価といった人事システムに外部のSaaSを活用していく計画を明らかにした。現時点では、具体的なサービスベンダー名や費用は公表していない。購買システムを外部のSaaSに置き換える計画も進行中だ。

同社情報システム部の中山嘉之部長は「今後、社内の業務システムをできる限りSaaSに“外出し”していく。原価計算や会計、生産管理といった基幹業務システムも例外ではない」と言い切る。人事や購買システムに続いてどのシステムにSaaSを適用するかの優先順位は、システムの独自性や戦略性、他システムとのインタフェース数を考慮しながら決めていくという。

“疎結合”のシステムでSaaSの追加を容易に

ずいぶん思い切った施策である。というのも、多くの企業は大きく2つの不安材料から自社システムへのSaaS適用に二の足を踏んでいる。1つは、SaaSと既存システム、あるいはSaaS同士の連携だ。もう1つは、データの整合性をどう担保するかである。

協和発酵キリンは、そうした課題を解消したからこそ、今に至っている。カギとなる技術は、マスターHUBとトランザクションHUBから成る「エンタープライズHUB」だ(図1-1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

協和発酵キリン“フルSaaS”への道 Part01人事システムを皮切りに“フルSaaS”へ 協和発酵キリンの持たざるIT戦略 「会計や販売、生産管理といった中核業務の処理にはそぐわない」「中堅・中小向けにはよいだろうが、大企業では使えない」。こうしたSaaSに関する“定説”を覆す事例が登場しようとしている。 協和発酵キリンが、社内システムの全面SaaS化を宣言したのである。

PAGE TOP