[技術解説]

サービスの本質を見極める Part05

2010年4月27日(火)

間違いだらけのSaaS選び コスト構造や要求品質に冷静な目を 利用モデル、月額課金、セキュリティ…。 すでに語られ尽くした感があるSaaSだが、誤解も多い。 本パートでは、SaaSの本質を「コスト」「サービスレベル」「アーキテクチャ」といった視点から改めて問い直す。

オンプレミスより結局は高くつく

「SaaSを5年間使い続けたとして月額利用料金を累積したら、オンプレミスのシステムを構築・運用した場合の費用を上回る」という意見は根強い。

計算上は、確かにそうなる。だが、自前システムには、ハードやソフトの維持管理がつきもの。バージョンアップや制度変更があるたびに、手を入れなければならない。「なかでも財務会計業務では、税制や法制度の変更が多い。最近では、IFRSへのコンバージェンスに伴うパッチ適用作業が数多く発生している」(エス・エス・ジェイの山田誠マーケティング企画部部長)。こうした手間や時間をコスト換算したらどうだろう。

SaaSであれば、上のような作業をサービスベンダーに任せられる。保守費用は月額使用料に含まれるので、追加コストは発生しない。しかも、オンプレミスのシステムは減価償却の対象となるのに対して、SaaSは自社で設備を所有しないため経費として計上できる。

対象業務によって一概には言えないものの、頻繁に改修があるケースならばSaaSのコストメリットは大きい。ただし、大半のSaaSではデータセンターの設定費用などで初期費用が発生することには注意が必要だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

サービスの本質を見極める Part05間違いだらけのSaaS選び コスト構造や要求品質に冷静な目を 利用モデル、月額課金、セキュリティ…。 すでに語られ尽くした感があるSaaSだが、誤解も多い。 本パートでは、SaaSの本質を「コスト」「サービスレベル」「アーキテクチャ」といった視点から改めて問い直す。

PAGE TOP