[新製品・サービス]

インメモリー/ディスク処理を併用できるRDB

2010年4月26日(月)

HiRDB Version 9/日立製作所 日立製作所は2010年2月24日、データベース「HiRDB」の新版(Version 9)を発表した。データ処理機構の工夫で性能改善を図ったほか、性能を監視する機能を備えることでパフォーマンスの最適化を図った。

データをメモリー上で高速処理するインメモリー技術を採用。データへのアクセスが集中するようなケースにおいて、従来製品に比べて約3〜30倍の性能向上が見込めるという。インメモリーに限定することなく、従来方式のディスクでの処理と併用することもできる。ハイブリッド型にすることで、アクセスが集中するデータはメモリーで処理、逆に頻繁に参照することが少ないデータはディスクで処理といった運用が可能となる。システムリソースの効率的活用により、新たな設備投資を抑止する。

性能監視においてはデータへのアクセス情報を分析し、遅延の原因となっているSQLを検知する「HiRDB RealTime Monitor」を用意した。

価格(税込)は、データベース管理ソフトである「HiRDB Server」が189万円から。「HiRDB RealTime Monitor」が63万円から。 (折川)

関連記事

インメモリー/ディスク処理を併用できるRDBHiRDB Version 9/日立製作所 日立製作所は2010年2月24日、データベース「HiRDB」の新版(Version 9)を発表した。データ処理機構の工夫で性能改善を図ったほか、性能を監視する機能を備えることでパフォーマンスの最適化を図った。

PAGE TOP