[技術解説]

オンプレミス/クラウドを連携するAppFabric Part05

2010年5月18日(火)

Windows Azure platform AppFabric オンプレミス/クラウドをつなぎ目なく連携 既存アプリケーションとWeb サービスとの連携基盤を提供するAppFabric。 それぞれの確実な接続やメッセージ中継、アクセス制御といった課題を解決する。

プラットフォームに依存しないアプリケーション連携技術としてWebサービスが登場後、すでに10年以上が経過した。これまで業界を挙げて膨大なエネルギーが注ぎ込まれたが、それに見合うだけの見返りがないと実感しているのは、著者だけではないだろう。

なぜか? 一言でいえば「つなぎたい/つなぐべきWebサービスがない」に尽きる。Webサービス自体は、利用者にとっては非常に敷居の低い技術だ。ところが、提供者にとってみれば解決すべき問題が常に付いてまわる。

非常にシンプルな“Hello World”的なものを含めれば、一度はWebサービスを作ったことがある読者がいるかもしれない。もし経験がなければ想像してほしいのだが、それらのWebサービスを実際にグローバルIPを割り当てて公開するとなるとどうなるか。単なる実験として、誰がアクセスしてくるか気にせず短期間だけ公開するならともかく、ビジネス目的で継続的に運用し続けるとなると、以下の2点だけは決着をつけておかねばならない。

  1. 安定した接続環境
  2. 安全なアクセス

こう書くと堅い表現に思えるかもしれないが、「誰」に「何」を「どうやって」提供するかというサービスの本質を、技術ソリューションの観点で置き換えたに過ぎない。「何」の部分が既にWeb サービスとして実装されているなら、次に「誰にサービスを提供するか」、すなわち「誰にサービスへのアクセスを許すか」と、「どうやってサービスを提供するか」すなわち「どうやってサービスのエンドポイントを公開するか」の2つがサービス提供者にとっての共通の課題となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

オンプレミス/クラウドを連携するAppFabric Part05Windows Azure platform AppFabric オンプレミス/クラウドをつなぎ目なく連携 既存アプリケーションとWeb サービスとの連携基盤を提供するAppFabric。 それぞれの確実な接続やメッセージ中継、アクセス制御といった課題を解決する。

PAGE TOP