[技術解説]

Silverlightに見るクライアント技術 Part06

2010年5月25日(火)

クライアント技術 Silverlightがもたらす豊かなユーザー体験 様々なシーンで様々なデバイスを通じてサービスを利用するクラウドソリューション。 この構想を実現し、豊かなユーザー体験をもたらすためのクライアント技術を解説する。

Silverlight 図6-1 Silverlightは「クロスプラットフォーム・クロスブラウザ」を具現化する

マイクロソフトが「Silverlight 1.0」をリリースしたのは2007年9月。それから約2年半あまりの間にSilverlightは3回のバージョンアップを経て、今なお、大きな進化を遂げている。

Silverlightは、WindowsやMacintosh上のInternet Explorer/Firefox/Safariといった様々なブラウザで利用可能な、リッチインターネットアプリケーション(RIA)のための実行環境であり、そのプラグインという位置付けだ。これまでWindowsのアプリケーションで実現してきた、よりリッチなユーザー体験(エクスペリエンス)を、様々な環境で利用できるように「クロスプラットフォーム・クロスブラウザ」を実現する環境である(図6-1)。

Silverlightの進化は、そのリッチなエクスペリエンスを実現するための表現力を高めるだけでなく、ブラウザの枠を超えて単体での実行も可能にした。結果として、クライアントアプリケーションの利便性が大きく向上することになった。そしてその真価は、PCだけにとどまらず、さらにモバイルや組み込み機器といった世界にまで波及してきており、クラウド・コンピューティングの価値を引き出すフロントエンドとして重要な要素となっている。

ブラウザの枠を超えるSilverlight 4

ここで2010年4月に公開した最新版「Silverlight 4」が備える機能の中で、注目すべき点を見ていこう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Silverlightに見るクライアント技術 Part06クライアント技術 Silverlightがもたらす豊かなユーザー体験 様々なシーンで様々なデバイスを通じてサービスを利用するクラウドソリューション。 この構想を実現し、豊かなユーザー体験をもたらすためのクライアント技術を解説する。

PAGE TOP