アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

営業やパートナー協業の支援機能を強化したSaaS型CRM

2010年6月4日(金)

Oracle CRM On Demand R17/日本オラクル 日本オラクルは2010年4月21日、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型のCRM(顧客関係管理)アプリケーションの新版「Oracle CRM On Demand R17」を発表した。モバイル環境での利用を想定した機能追加に加え、パートナー企業の情報管理や売上予測の機能を強化した。

新たに追加した「Sales on the Go」は、CRM On Demandで管理しているプレゼンテーション資料をパソコンにダウンロードして訪問先で使用したり、顧客の反応を外出先からCRM On Demandにアップロードしたりする機能。製薬メーカーや医療機器メーカーのルート営業での利用を見込む。

パートナー企業の情報管理については、新規代理店の審査業務支援や代理店との情報共有、代理店と共同展開する販促活動の結果分析などの機能を追加。売上予測ではユーザーが指定した期間ごとの売上高予測や、現在と過去の比較を可能にした。

Internet Explorer 6以上かFirefox 2.0以上から利用できる。料金は1ユーザー当たり月額7989円から。発表同日に提供を始めた。 (栗原)

関連記事

営業やパートナー協業の支援機能を強化したSaaS型CRMOracle CRM On Demand R17/日本オラクル 日本オラクルは2010年4月21日、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型のCRM(顧客関係管理)アプリケーションの新版「Oracle CRM On Demand R17」を発表した。モバイル環境での利用を想定した機能追加に加え、パートナー企業の情報管理や売上予測の機能を強化した。

PAGE TOP