[新製品・サービス]

コミュニティにおける顧客の影響力を可視化し、波及効果を最大化

2010年6月25日(金)

SAS Customer Link Analytics/SAS Institute Japan 分析ソフト大手のSAS Institute Japanは2010年5月11日、顧客間の関係を可視化するソフト「SAS Customer Link Analytics」を発表した。Webなどのコミュニティにおける顧客の交流状況を分析して、顧客同士の関係の強さや、どちらの顧客をきっかにして別の顧客が行動を起こすかといった影響の方向性を浮かび上がらせる。

Customer Link Analyticsは、顧客および関係者の情報とWebなどのコミュニティの情報を分析し、分析結果を視覚的にレポーティングする機能を持つ。分析によって情報が伝達・浸透するプロセスが見えるようになるので、その結果を参考にしてマーケティング活動を展開すれば、コミュニティ内の波及効果向上を期待できる。

例えばコミュニティにおける顧客の役割を、中心的な役割を果たす「リーダー」や周囲への影響力が強い「インフルエンサー」、周囲の行動を参考にする「フォロワー」などに分類。投資対効果を高めるために、インフルエンサーに焦点を当てた新商品や新サービスのプロモーションを実施するといったことがやりやすくなる。 (栗原)

関連記事

コミュニティにおける顧客の影響力を可視化し、波及効果を最大化SAS Customer Link Analytics/SAS Institute Japan 分析ソフト大手のSAS Institute Japanは2010年5月11日、顧客間の関係を可視化するソフト「SAS Customer Link Analytics」を発表した。Webなどのコミュニティにおける顧客の交流状況を分析して、顧客同士の関係の強さや、どちらの顧客をきっかにして別の顧客が行動を起こすかといった影響の方向性を浮かび上がらせる。

PAGE TOP