アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

TNS、Google App Engine対応の「クラウド版MosP勤怠給与システム」ベータ版を公開

2010年6月15日(火)

ティー・エヌ・エス(TNS)は2010年6月14日、ソフトウェア開発のマインドが手がけるOSS人事・給与・勤怠ソリューション「MosP給与計算V3.3.1」をGoogle App Engineに対応させ、「クラウドZERO」シリーズの第一弾「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」として発表した。同日より同シリーズのサイト上でベータ版のダウンロードを公開、正式リリースの7月6日には、Webシステムのクラウド導入支援サービス「クラウドZERO」も開始する。

「MosP」は、2006年にマインドが提唱した純国産のOSS(オープンソースソフトウェア)人事・給与・勤怠ソリューション。Javaで開発したWebシステムをオープンソースGPL(General Public License)で提供している。「MosP給与計算V3.3.1」では、2010年4月1日より施行された改正労基法にも対応し、MosP勤怠管理とも標準で連携する。

今回発表の「クラウドZERO」は、OSSを中心に、厳選したソフトウェアをGoogle App Engine(GAE)など各クラウドコンピューティング環境に適用させるソリューションサービス。OSSを利用して初期導入費用を下げると同時に、ソフトウェアのクラウド環境への適合を進めることにより、メンテナンスコストの削減も可能にする。

「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」は、ティー・エヌ・エスがGAEのデータストアであるBigTableに対応させるなどの改変を行っている。GAE環境へソースコードの展開を行うことで、同システムをサーバー不要で利用することが可能。同システムは、クラウドZEROシリーズ第一弾としてMosP給与計算V3.3.1をGAE環境に適用させ、オープンソースとしてGPLライセンスで公開する。

今回の発表により、さらに多くの中堅企業に「MosP」を導入してもらえる機会が増えることを期待し、マインドも業務サポートを通じて支援するとのこと。


「クラウドZERO」
http://cloudzero.jp/

「MosP」
http://www.mosp.jp/

ティー・エヌ・エス(TNS)
http://www.tns-g.com

マインド
http://www.e-mind.co.jp/

 

関連記事

TNS、Google App Engine対応の「クラウド版MosP勤怠給与システム」ベータ版を公開ティー・エヌ・エス(TNS)は2010年6月14日、ソフトウェア開発のマインドが手がけるOSS人事・給与・勤怠ソリューション「MosP給与計算V3.3.1」をGoogle App Engineに対応させ、「クラウドZERO」シリーズの第一弾「クラウド版MosP勤怠給与システムV1.0」として発表した。同日より同シリーズのサイト上でベータ版のダウンロードを公開、正式リリースの7月6日には、Webシステムのクラウド導入支援サービス「クラウドZERO」も開始する。

PAGE TOP