[新製品・サービス]

ソフトブレーン、新クラウドサービス「eセールスマネージャーRemix Cloud」を販売開始

2010年6月25日(金)

ソフトブレーンは2010年6月24日、売れる仕組みを構築する「eセールスマネージャー」のグレードアップ版である「eセールスマネージャーRemix Cloud」の販売を開始したことを発表した。

「eセールスマネージャーRemix Cloud」の特長は以下のとおり。

  1. マルチクラウド対応
    国内のプライベートクラウドを提供する各社の基盤やパブリッククラウドを利用したサービスに柔軟に対応。APIを公開しており、他のシステムとのクラウド上での連携も容易。また、クラウドサービスと社内システムとの連携を強化した「ポータル」機能を装備する。
  2. 仮説検証型ユーザーインターフェース
    G-PDCAサイクル(Goal(予算達成)に向かったPlan(計画)-Do(実行)-Check(分析)-Action(改善)というサイクル)を意識したメニュー構成にこだわり、営業スタッフやマネージャーが簡単に使える操作性を搭載する。これにより、業務を整理して無駄なく必要な営業活動をスムーズに行うことができる。
  3. 営業BI機能
    経営者やマネージャーが常に意識しなくてはならない営業プロセス上の経営指標を表示するダッシュボード機能や蓄積した情報を分析するためのアナライザー機能を標準装備。スピーディーな軌道修正が可能となり、確実に予算達成に導くことができる。

「eセールスマネージャーRemix Cloud」は、「eセールスマネージャー」の販売当初から変わらない設計コンセプト「キーボードレス」「シームレス」「ワイヤレス」を今後も突き詰め、スマートフォンをはじめとする様々な新しいデバイスでの操作性を向上させていく予定。中国語版、英語版も販売を予定される。

同製品の価格は、1ユーザーあたり1万1,000円/月、オンプレミス版13万5,000円/1ライセンス(税別)。

同社は、2010年下期と2011年度の「eセールスマネージャーRemix Cloud」導入社数として、60社を目指す。


ソフトブレーン
http://www.softbrain.co.jp/

 

関連記事

ソフトブレーン、新クラウドサービス「eセールスマネージャーRemix Cloud」を販売開始ソフトブレーンは2010年6月24日、売れる仕組みを構築する「eセールスマネージャー」のグレードアップ版である「eセールスマネージャーRemix Cloud」の販売を開始したことを発表した。

PAGE TOP