[技術解説]

全体像をつかむ―目的と支援技術 PART02

2010年8月10日(火)

業務プロセスを継続的に改善 基本的なステップと支援ツールの関係を理解する 変化対応力の向上に必須とされるBPM。その概念や関連技術が登場してすでに数年が経過するが、依然として「何から始めればいいのか?」「ツールとの関係性が判然としない」といった声も少なくない。ここではBPMの基本ステップ、そして各フェーズで使われるツールについて全体像を整理してみよう。

まずBPMの基本ステップから。図2-1に示したステップに沿って進めるのが基本である。

図2-1 BPM サイクルを構成する要素
図2-1 BPM サイクルを構成する要素

(1)業務プロセスの図式化

多くの場合、業務処理は暗黙のうちに成立してきた流れや、個別のタスクによって処理されている。普段、仕事の手順を特別に意識することはなく、過去の積み重ねでルーチンワーク的に業務をこなすし、担当者が経験を生かして都度、判断している。

そうした現場の業務の実態や流れを、誰もが把握できるように図式で表現(作成)するのがBPMの第一歩だ。いわゆる「業務プロセスのモデリング」である。作成したモデルは、現状の業務をあるがままに再現したものであるため(as is)、無駄や無理が混在していることがある。そこでこれを元に、無駄を省きかつ無理のないあるべき姿(to be)を作成する。

(2)業務プロセスの実装

to beモデルはあくまでも業務視点でのモデル。これをITで実行可能なモデルに置き換える。BPMN(Business Process Modeling Notation)と呼ばれる標準的な表記法でモデルを作成すれば、BPEL(Business Process Execution Language)というコンピュータで実行可能な言語に自動変換できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

全体像をつかむ―目的と支援技術 PART02業務プロセスを継続的に改善 基本的なステップと支援ツールの関係を理解する 変化対応力の向上に必須とされるBPM。その概念や関連技術が登場してすでに数年が経過するが、依然として「何から始めればいいのか?」「ツールとの関係性が判然としない」といった声も少なくない。ここではBPMの基本ステップ、そして各フェーズで使われるツールについて全体像を整理してみよう。

PAGE TOP